06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

7月のまとめ 

7月ももうラスト。
記事の更新は不可能なものの、
毎日の餌の記録をこうしてできて
そうちゃんが更に身近な存在になった気がする。

ともかく、今月の出来事を大まかにまとめておこう。

・一週目(7/1~6)雨降り多し。体重:1320g
 産卵がらみでジタジタ&散歩。食が細く、ほぼ絶食状態になる。
 7/6に12個産卵。体重が1170gに。

・二週目(7/7~13)
 お腹が楽になったのか、そこそこ調子よく餌を食べ出す。

・三週目(7/14~20)
 再び緩やかに拒食状態へ。そのくせ体重は1288gと増加。
 餌よりも散歩を要求。
 7/20に7個産卵。体重は1303gから1120gに激ヤセ。

・四、五週目(7/21~現在)
 餌の量激増。フンも確認。食べては干すを繰り返す。
 とは云え足の付け根はまだスカスカしているので、肥満ではなさそう。
 甲長測定 タテ:195mm ヨコ:143mm (目安)

130730_064425.jpg
最近、写真を撮ろうにもこんなんばっかだ。
ピンクのベロは可愛いが(笑)

そーそー、8月の身体測定に向けて
「のぎっさん1号」の改良をせねば…。

来月もヨロシク、そうちゃん。

▼本日の餌メモ:ペレット120粒、川エビ10匹


7月終了にしみじみな飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。
スポンサーサイト

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

そうちゃん的行儀作法? 

▼本日のそうちゃんめし(部員盛りver.)
130730_063151.jpg
ペレット105粒。川エビ25匹。
本当にまぁ、よく食べてくれる。
嬉しい反面、肥満に注意だな。

その後のくつろぎのひととき。
130730_065922.jpg

…ふと覚えた違和感。
130730_065951.jpg
何か…こう…
堅苦しいと云うか、正座っぽいと云うか…。

130730_070006.jpg
痛くないんだな?いいんだな?

見てるこっちの手の甲が痛くなりそうな前足の置き方だった。


▼余談:新美南吉生誕100年

新美正は…、南吉先生。
生誕100年おめでとうございます。
先生の背中を追いかけて、
愛知県半田市にも行ってみたいです。


児童文学好きな飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

大盛りですか?大盛りますか?…大盛りますね。 

最後の産卵から9日目。
今尚「食欲暴発期」が現在進行形のそうちゃん。

130728_062133.jpg
「ねぇ、お腹減ったんだけど。
…ペレットの個数なんて数えてないで早く頂戴」
※1オクターブ高い声で

与えるペレットの数を数えるのは、健康管理のつもりなんだが…。

▼と云うことで、食べた餌メモ
7/27(土)…ペレット118粒、川エビ20匹
 28(日)…ペレット125粒、川エビ30匹+コガネムシ(らしき虫)
 29(月)…ペレット119粒、川エビ20匹+コガネムシ(らしき虫)

毎朝叩き出す数字が
いよいよ夏本番といった感じで、
そうちゃんの食べっぷりが
もはや「女子」ではなく「部員(相撲)」だ。
130729_061356.jpg
本日の餌。
通称:「そうちゃんめし」

器は薬味とかソースとか入れるサイズのもの。
内容は特大ペレット50粒、川エビ20匹。
こうやって取り出してみると結構な量なのに、
「部員食い」炸裂の今週はこれでも物足りないらしい。
130728_062645.jpg

おかわりは「わんこ蕎麦」ならぬ「わんこペレット」方式。
130729_062309.jpg
こんなところでイーハトーブ(笑)
…賢治先生のわんこ蕎麦記録とかあったら面白いんだが(ぼそ)

こんだけ食べるんだからなぁ。
体重測定が楽しみと云うか、末恐ろしいと云うか…。
元気だから大丈夫だとは思うけど…。

130729_063017.jpg
「えー、もうないの?」※1オクターブ高い声で

程々にその身を維持してくれぃ。

そして最近、そうちゃんの食欲に比例して
飼育水の濁りっぷりが半端なくなってきた。
「おはようそうちゃん。今日も生臭いね(笑顔)」
これが毎朝の挨拶だ。
ハンガーにかけてある作業服からも
そうちゃんの飼育水の匂いが漂って来る。
ああ、夏だなぁ。

切れるような青い空。沸き立つセミの声。
モリ食いそうちゃん。臭い作業服。

…いい加減洗濯しよう。

▼以下、(番外)飼い主の食生活

先日、賢治先生にあやかって
「蕎麦とサイダー」を食してみたら
込み上げるげっぷの処理に困った。

先生、サイダーの嗜み方を教えてくなさい(笑)
やっぱり三ツ矢サイダーですか。


炭酸水は苦手な飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

無ければ作れ 

▼本日の要点:ノギス(Nonius)は独語。

きっかけは今月1日。
そうちゃんの身体測定の一環で
甲羅の長さを測るためノギスを出したが、
そうちゃんの方が大きくて断念。

以降、そうちゃんも測れるくらいのノギスを求めて
ホームセンターをうろついたものの見つからず…。
(ノギスの基本の長さって、150mmなのか?
 ※↑時々自分が本当に工業高校出身なのか疑いたくなる)

うーん、こーなりゃ……作るか。

ノギスノギスと騒いではいるが、
要は「可動部のある定規」。
そんなら作ってみようホトトギス。

がさごそ…
(所要時間約10分)
130729_051409.jpg
カメ用ノギスゥ~」 声:大山のぶ代
(通称:のぎっさん1号)
※悲劇的に暗い画像で申し訳ない…。

▼「のぎっさん1号」材料
・定規(100均)
・クリアフォルダー(100均)
他、カッターナイフ、定規(カッターにあてるため)、
  セロハンテープ、ステイプラー、
  はさみ、カッターマット、油性ペン(その辺にあったもの)

1)クリアフォルダーをカッターナイフで適当な幅に切り、
  カメを傷つけないよう、はさみで角を丸める。
  (ここで一応垂直は取っておく)
2)1)のクリアフォルダーを
  定規に垂直にはさみ、端をステイプラーで止める。
3)2)をもう1セット作り、片方をセロテープで定規に固定する。
4)起点となる場所を油性ペンで印付け。
 (定規は0点から使えなくなっているため)

ま、これでとりあえず「可動部のある定規」だな。
動きはスムーズじゃないし、正確さは微妙だけど(笑)

ということで、これで早速そうちゃんを測ってみた

▼甲羅 タテ:195mm ヨコ:143mm

…らしい(笑)
ものがものなので、数値を素直に信じられないが。

通常のノギスよりもずっと動きが悪いので、
可動部をあらかじめ目分量より大きめに開いておき
カメの幅に合わせて徐々に縮めていくのがコツ。

ふ~む、本体の定規が無駄に太くて使いにくいし…
まだまだ改良の余地有りだな。
お盆休みに「のぎっさん2号」でも作るか。


「自分、不器用ですから」な飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

本日の勉強 

これは本日、出勤前のひと時の話。

今朝も餌を食べ終わったそうちゃんが
消化促進、太鼓橋の上で甲羅干しを始めた。

バタバタと慌しい朝ではあるが、
ちょっとした合間に窓から見えるそうちゃんの姿は、
荒んだ現代人・飼い主の心を
無言のうちに癒してくれるものである。

その日のそうちゃんのポーズは、
どこか遠くを見るかのように
首をぐーんと一杯に伸ばしたものだった。

嗚呼、そうちゃん。
君はこの青いたらいの中で
毎日何を見てゐるのかい?
たらい越しに見る空は
君の目には、何色に映るのかい?

汚れつちまつた飼い主、
柄にもなく詩的な陶酔感に浸る。
(これを『現実逃避』『出社拒否』という)

…が。
その時飼い主の目に映ったのは
そうちゃんの後頭部にくっつく不自然な影…

だ!

▼本日初めて知ったこと:
「カメも蚊に刺される」

いや、
今まで蚊に刺されまくるのは
飼い主の勤めだと思ってゐたのだ。
飼い主が散々蚊に刺されてゐても、
そうちゃんは平気な顔をしてゐたのに。

▼本日初めて知ったこと2:
「蚊は飼い主が居なければ、そうちゃんも刺す」

うわぁ、どうすんだこの蚊。
ガッツリ吸ってる感じのふくらみ具合だよ。
って云うかそうちゃんも気づけ!

(飼い主、超やきもき)

うう…ダメだ!ぶっ叩けねぇ!
こんな無防備に伸び切った後頭部、殴ろうものなら
「with そうちゃん」の絆も一巻の終わりだ。

わ、私にはできな…い。


補足:
結局、蚊は手で追い払った。
(ぶっ叩きたかったが)
尚、そうちゃんの後頭部は
帰宅後確認した時点では特に膨らんでゐなかった。
だ、大丈夫…なのか?


愛あればこその葛藤に苦しむ飼い主、
地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

カ~メ~カ~メ~そ~こぬけ♪ 

▼毎度お馴染み、食べた餌メモ
7/21(日)…ペレット140粒、乾燥川エビ30匹
 22(月)…ペレット60粒+コガネムシ(らしき虫)
      (備考:帰宅後、普段ならのんびりしてゐるそうちゃんが
          微妙な顔をしてこっちを見てゐるので、事情を聞いたら
          遊びに来てゐた親戚のちびっ子に水鉄砲で狙われたらしい/泣)
 23(火)…ペレット100粒、乾燥川エビ10匹
      (備考:フン確認。ちびっ子は来ないからのんびりしてほしい)
 24(水)…ペレット100粒、乾燥川エビ12匹+コガネムシ(らしき虫)
 25(木)…ペレット85粒、乾燥川エビ10匹+コガネムシ(らしき虫)
      夕方:砂肝のかけら
      (備考:素晴らしきフン確認。)
 26(金)…ペレット108粒、乾燥川エビ14匹+コガネムシ(らしき虫)
      (備考:フン確認。甲羅に小さな傷発見)


産卵でお腹が減ってゐたのか
今週は食欲旺盛なそうちゃん。
満腹後は太鼓橋
(陸場にした園芸用アールつきブロック)にて
手足を伸ばして甲羅干し。

良く食べ、良く干す。
うむ、いい姿だ。

去年ジタジタのやり過ぎか、
どういうわけだかそうちゃんの身体が
太鼓橋(ブロック)と水槽の隙間に挟まる事故が起き、
甲羅の表面を少し擦り剥いてしまったのだが
今ではその傷跡も徐々に白色から黒くなってきてゐる。

(画像中央/痛々しい…)
130623_065852.jpg
このまま元気に回復してほしい。

ちなみに「+コガネムシ(らしき虫)」は、
飼い主が与えてゐるのではなく
夜間そうちゃんの水槽に転落し、
翌朝身体の一部を残して餌食になった
可哀想な虫のことである。

それにしてもちびっ子…やるねい(苦笑)


想定外の敵に戸惑う飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

安上がりじゃない、経済的なんだ(汗) 

今日の話題は
先日の記事で紹介した乾燥川エビのその後。
そしてカメの餌及びペットグッズの思い出話。

「対デデムシ代替食」として乾燥川エビを買ってきたが、
さらに以前の記事でチラッと触れたように
そうちゃんは食べ慣れない市販の餌は好かないため、
今回の乾燥川エビも食いつきはあまり良くなかった。
予想はしたものの、カルシウム補給を狙っていた分ちょっと凹む。
日によってパクつくときもあるので、根気良く与えよう。

反面、
「川エビが好き過ぎて主食のペレットを食べなくなって困る」
ということはないので栄養面は安心と云えば安心だが。
(そのペレットも生き餌には敵わないが)

どうやら、
今のところそうちゃんの餌の好みは

デデムシ・ミミズ(他ジビエもの)>刺身(他生肉)>ペレット>乾燥川エビ

…となってゐるらしい。

ともあれ産卵を終え、
「モリ喰いシーズン」が到来したようなので
新しい餌を買い足し。
キョーリン おおきなカメのエサ特大粒 500g [その他]キョーリン おおきなカメのエサ特大粒 500g [その他]キョーリン

商品詳細を見る

お馴染み「おおきなカメのエサ 特大粒」。
1年に500g入り一袋は消費する。
今年もお世話になります。

宣伝する気は無いが、
そうちゃんの体の8割はこの餌でできてゐると云って過言じゃない。
そうちゃん自身も元気に、飽きもせず食べてゐるので
飼い主的には信頼の置ける餌だと思ってゐる。

どうでもいいけど、
パッケージ中央の「でかっ!!」の表記があまりにストレートすぎて
過去に周囲から
「『でかっ!!』って書いてある~」「ホントにでかいし」と笑われた。

↓ちなみに、現在はパッケージに「でかっ!!」の文字はない。
130623_065801.jpg
い、いつの間にマイナーチェンジをしてゐたのか…。
「国産」とか各種「菌(善玉菌)」を表示してゐるのも
時代のニーズなんだろうな。
今後は「無添加」とか
「オーガニック」とか「低GI」とかも出るのか?

だからと云って、
今後パッケージをコレクションし
デザインの変遷を見るほどの根性は飼い主にはない(笑)
(ボソ。それにカメのえさの袋って…くさいし…)

また、たまには気分を変えてみようと
一昨年はこちらの餌を与えてゐた。
イトスイ カメのごはん 納豆菌入り 450gイトスイ カメのごはん 納豆菌入り 450g
イトスイ

商品詳細を見る

「カメの『エサ』ではなく『ごはん』と来たか!時代は変わったな」と
何か感慨深いものを覚えたので購入。

食いは悪くなかったが、
キョーリンのより粒が小さかった。
(やはり『でかっ!!(大粒)』じゃないと)
残念だが、リピートせず。

▼さて、ここで思い出話。

当時、ホームセンターのペットコーナーで
この「ごはん」の購入を検討してゐた際、
店員さんがスタスタやってきて
「カメの匂いが気になりますか?それならこちらの…」
と、軽石状のものが入った袋を勧めてきた。
「この中に微生物がついておりまして、水槽に沈めておきますと…
…(中略)微生物が匂いをおさえて……水替えの回数も…」
嗚呼、文明の利器。
ペットグッズも日進月歩。世の中にはこんなものもあるのか。
と感心したものの、飼い主の心の声は
(いや。いやいややや。うちではそんな立派なもん置けないぞ。たらいだし)
だった。
さりとてここまで丁寧な説明を聞いてしまった手前、
どう断ろうかとまごまごしていたら
店員さんより
「…ところで、お宅ではカメをどのように飼育されてゐるのですか?」
とのご質問。
いや、尤もだ。…しかし何故最初に訊かない(笑)
兎にも角にもここで素直に
「庭でたらい…」
と答えたら、話にならんと思ったのか即引き下がってくれた。
一応、「これで20年近く飼ってますよ…」と付け足したが、
店員さんの耳に入ったかは知らない。

そりゃ、小学生当時の知識と経済力で今に至ってゐるわけだから
立派な設備じゃないのは百も承知だ。
けれどもこまめに掃除もするし…
それに、問題はそうちゃんが
この暮らしに満足してゐるかどうかで…
(まぁ、それが良くわからないから模索の日々で…ぶつぶつ)

なぁ、そうちゃん?
130717_075154.jpg
「落ち込むこともあるけれど、私このたらいが好きです」
※1オクターブ高い声で

…なーんて云ってくれないか。


カメの飼育は原始人レベルの飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

カテゴリ: そうちゃん思い出

[edit]

△page top

2013年・3回目の産卵(詳細) 

7/20の産卵記録の詳細。
つまるところ、飼い主の覚書。

まとめをさらっと読みたい方は
こちらがお勧め。

※これはこれで長いが(苦笑)
-- 続きを読む --

カテゴリ: そうちゃん産卵

[edit]

△page top

今年3回目の産卵 

今朝も庭で産卵。
午前5時~9時半まで付き合った。
130720_084043.jpg
↑苦しげに穴を掘るそうちゃん。

※今回の猛反省
今回も土で産ませてやろうと
庭に出したまでは良かったのだが、
前回の産卵時と全く同じ場所を掘ってしまい、
自分の産んだ卵を引っかき出してしまった上に
潰れた卵の汁を吸った泥にアリがたかり、
そうちゃんにまで這い登り始めたので
飼い主はそうちゃんのそばでひたすらアリを払いのけていた。
前回と違い、全く落ち着かない中での産卵だったので
そうちゃんはさぞかし迷惑だったろう(涙)

▼学んだこと:
1)「次の産卵は別の場所を掘るだろう」は通用しない(泣)
  …前回の産卵があまりに感動的だったので
  掘り出すのに忍びなかったんだよ…(言い訳)
2)産卵場所周辺のアリは、事前にチェックせよ。
  もしくはアリの心配のない産卵用の箱を作って与えること。
  (無駄に厚遇)

ちなみに、そうちゃんにたかった不届きなアリは
我が家で一般的に見られる
「オオズアリ(オオズアカアリ)」である。
クロヤマアリよりは小さな赤っぽいアリで
見た感じさほど凶暴そうでもないのだが、
数で来られてはたまらないのと、時々、その名の通り
滅茶苦茶頭部と図体のでかい個体
(兵アリ/大型働きアリ)がいるので
そいつに噛み付かれやしないかとヒヤヒヤした。
ああ、そういえばこいつら
一時アントクアリウムで飼ったな…(笑)

そんな教訓から今回は
即、卵を掘り出す。
130720_094438.jpg
卵は7個。合計70g。

そうちゃんの体重変化は
産卵前1302g→産卵後1120g(-182g)

あれ?
軽くなった分はほとんど水分だったのか?
確かに今回、穴掘り時に「じょわ~」と
結構大きな音はしていたが…
100mlも溜められるんだろうか…??
体重の一割がおしっこって…
…人間だったらえらいことだな(苦笑)

肝心のそうちゃん自身は
左前脚をアリにたかられたものの、
飼い主がアリを払ってから水に入れ
体についたアリは全部取って確認したら
特にアリに刺された形跡はなかった。
(そうちゃんもバカじゃないから、
本当にアリに刺されてたまらなかったら
産卵を途中で切り上げると思うし…)

今回はアリがらみのトラブルで
気の済むまで地ならしをさせてもらえなかったため
そうちゃんはしばらく不満そうにしていたが、
卵を掘った際に出てきたミミズ2匹で機嫌を直したのか
ペレット20粒と、川えび10匹をパクパク食べた。
やっぱり餌をパクつく姿は見ていてホッとする。

尚、脚の付け根を探ったら
まだ固いものがあるような感触。
「あれ?まだ何かあるのか?」と更に触っていたら
「何すんの!」と言わんばかりに蹴られた。
まぁ、レディだしな。失礼。
この「後ろ足の付け根」関連は、後日書籍で調べる予定。

▼以下、調べておくことメモ
1)後ろ足の付け根の固いものについて
2)産卵時の首振り行動の意味
 (威嚇?不快感?今回は特に多かった)
3)産卵用の箱の作り方
4)カメのおしっこはどのくらい溜められるのか

余談だが、
今年の産卵のスパンは短い気がする。


グロッキー飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

カテゴリ: そうちゃん産卵

[edit]

△page top

持ってます 

▼今週食べた餌メモ
7/14(日)…ペレット75粒
 15(月)…ペレット50粒、夕方刺身3切れ、乾燥川エビ10匹
 16(火)…ペレット7粒、川エビ5匹。
      (備考:体重1288g。急に餌を拒否しだしたので、散歩開始)
 17(水)…ペレット18粒、川エビ5匹。
      (備考:ジタジタが激しくなる。庭中ウロウロする)
 18(木)…ペレット1粒
      (備考:拒食状態でジタジタ。後ろ足の付け根に固いものあり)
 19(金)…何も食べずに暴れるので、はなれに入れずに即散歩に連れ出す。

…と云うわけで、やはり持ってゐた。
毎度のことながら
あの甲羅の中に持ってゐる訳だから、さぞかし苦しかろう。
とは云え外観ではよくわからない。

今のところの経験上、「持っている」ことに気づくポイントは
1)急に餌を食べなくなる。
2)朝晩関係なくジタジタと暴れる。
 (『エサ頂戴』の動きは小刻みに暴れる感じだが、
  こちらの時は両手足を大きく動かして、バシャバシャともがく動作になる)
130717_073114.jpg
↑たらいから身を乗り出そうとするそうちゃん。

そして、前回の産卵行動時から気になってゐることなのだが、
この時期になると

3)後ろ足の付け根
(甲羅からはみ出てるお尻~ももの肉の部分)に固いものが触れる。

…ような気がする。(あくまでも感覚的な問題)
うーん、これは卵なんだろうか?

そうちゃんは普段、
足の付け根を足共々甲羅に引っ込めてゐて触らせてはくれない。
(甲羅から肉がはみ出ないのは
冬眠明けから産卵続きで痩せてゐるからかもしれない。
また、それを心配もしてゐる)
けれども産卵行動が見られるようになると
足の付け根の皮膚が張ったようになって、
肉がプニッとはみ出てゐるように見える。
で、その部分をそっと触ると何だか固い。

これが卵かどうかはともかく、このパターンは産卵っぽいし
前回と同じく土を掘らせてやりたいので
庭を散歩させてゐる。

今日の散歩では、前回の産卵場所に連れて行った。
前回は梅雨明け前だったので
土は全体にしっとりしてゐたのだが、
最近の暑さで土がすっかり乾燥してゐたためか
そうちゃんはあまり興味を示さずに他の場所を探そうとしてゐた。
他の場所と云っても、
うちの庭には土が露出している場所がここしかないので、
軽く表面の土を掘り返してやったら
掘り返された土に猛反応し、そのままクンクン、ホリホリを始めた。
(産卵には湿った土が好ましい?)
ここで出勤時間が来たため中断させてしまったのだが、
結構本気で掘ってゐたので、
明日水槽に産卵してゐなかったら朝から庭産卵に付き合う予定。

産む前→産んだ後で、
足の付け根の固いものがなくなるかどうか調べるつもりだ。


明日は早起き飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

これは、その、つまりだな… 

今朝、先日の記事の川エビを
そうちゃんに食べてもらおうとしたら
…食欲不振で5匹しか食べず、
主食のペレットにいたっては7粒。

…これって…

いや、先日与えた刺身のせいで
舌が肥えてるって事もあるだろうが…

一方そうちゃん、
昨晩は妙にジタジタして、
今朝も落ち着きがない。
ふやけていく餌を前足でかき回しながら、
「餌よりも外に出たい!」と言いたげに暴れている。

おまけに、食べる量が減った割には
何となく重たい手応え。

飼い主、気になる事はすぐに調べるたちなので
急遽体重測定。
缶の上に乗せられちゃうと
何にもできないそうちゃんが可愛い
…とか言ってる場合ではなく、
そうちゃんの負担軽減の為にも
さっさと目方をチェック。

結果:1288g

何だと!?

今月1日の産卵行動時が1320g、
そして6日の産卵直後が1170gだったわけで…
こんな短期間に体重がこんなに増減してもいいのか?
クサガメってこういうものなのか?

そうちゃん、無理なダイエットとかしてないよな?
ストレスとか溜めてないよな?(←コイツがストレッサー)
リバウンド?便秘?
いや、多分これは…

(ボソ)持ってる?のか?

…うむ、今週は様子見だ。


産婆スタンバイ飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

余談:
今まで記録をきちんと付けなかった自分が悪かったものの、
改めてそうちゃんの不思議に直面し、正直ビビっている(苦笑)

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

代替食に期待 

7/13の「デデムシ拾い食い事件」…

※一枚だけあった事件当時の写真。↓
(『撮ってる暇ない』とか抜かしたくせに)
130713_075054.jpg
そうちゃんが口にくわえている
茶色い丸いのがカタツムリの殻。
ヨーゼフ化が心配だ。


以来、ペレットの量がイマイチ伸びず、
今日は50粒。

そうちゃん、ここは簡潔にたずねよう。

1)持ってますか?(お腹に次の卵を)
2)待ってますか?(食べ歩き散歩を)

ひょっとすると、両方Yesかもしれないが、
衛生上拾い食いは許せない。
だから散歩は産卵行動がはっきり出るまで一時中止。
(というよりデンデンムシをあきらめるまで)
そんな顔↓してもダメだ。
130712_061149.jpg
※先日、偶然撮れた何か言いたげな顔。

…ここまで書いてしまうと、
何だかかなり了見の狭い飼い主っぽいが
そうちゃんが憎くてそうしているんじゃない。
それが証拠に…
…本日、休日出勤後、ホームセンターに寄って買ってきた。
130715_191115.jpg
乾燥川エビィ~」 声:大山のぶ代(世代的にはこっちなんで)

…「カメのごほうび」って書いてあるが、
何か褒美が貰える様なことをカメはするんだろうか?
いや、これは多分、
ヒトサイドの一方的な愛のことだな(笑)

さて、この川エビは
「おおきなカメのえさ」でもお世話になっているメーカーの姉妹品。
そうちゃんはああ見えて
餌の好き嫌いが激しいので心配だが
同じメーカーなら受け入れるんじゃないかと購入。
実は、上記の理由と
知らないうちに充実しまくった
各メーカーのラインナップにおされて
この川エビを買うまでに延々迷った。

本当、「カメのえさ」と一口に言っても
凝ったものが増えたな…
こんなところでまさかの浦島太郎状態。
(そうちゃんはウミガメではないが)

今日の夕方、ホームセンターのカメの餌売場で
腕組みして眉間にしわを寄せ、
ジーッとしてる人を見かけたならそれは私だ。

帰宅後、
夕飯のおかずのマグロの刺身3切れを与えた後、
10匹ほどまいてみた。
最初は餌であるか認識できなかったようだが
一つ口に入った後からはそこそこ食べてくれた。

そうちゃんのまずまずの反応に一安心。
明日からメニューに加える予定。
川エビでカルシウム補給をしつつ
デデムシを忘れてくれればいいのだが。

結局甘い飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

普段の餌じゃ嫌らしい 

▼本日食べたペレット:75粒

昨日に比べ、
食べる量がちょっと減った。
いや、心配はすまい。
原因は分かっているのだ。

昨日の一件で
カタツムリの殻の味をしめたそうちゃんが
餌のペレットはそこそこに散歩を要求するのだ。
そして散歩開始早々、
イヌツゲの根元に潜り込むのだ…

今日も同じ場所でカタツムリの殻を一つ見つけ、
せっせと『発掘』していた。
かわいそうだが、今回は『没収』した。

そんなにカタツムリはうまいのか。
栄養素か。食感か。
飼い主、代替食を模索中。

…余談だが、
「カタツムリ」をさす言葉は多い。
「マイマイ」とか「蝸牛(かぎゅう)」とか
「デンデンムシ」とか。
その中では「デデムシ」が最高だと思う。
そんな私は新美南吉も大好きだ(笑)
同じ生き物を表現するのに、
宮澤賢治が「かたつむり」と書く一方、
新美南吉は「デンデンムシ(デデムシ)」と書く。
この南北二大作家の相違が、
私には興味深くて仕方がない。
カタツムリをめぐる一種の愛着と言うか、
何かを表しているんじゃないかと。
どっかに論文でもないものか。
嗚呼、奥深き児童文学…。

って、本題から大脱線したぞ(汗)


とにかくマイマイに振り回される飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

ジビエものがお好き 

今日は記事をもうひとつ。

▼今週の食べた餌メモ
7/10(水)…ペレット95粒
 11(木)…ペレット88粒。
 12(金)…ペレット110粒。

餌の量が増えた。
これが急激に減ると
「持ってますね」と言うことになる訳で。
今のところはとにかく食べて、体力回復してもらいたい。

そして今日の記録。

7/13(土)…ペレット105粒。+カタツムリの殻

この「+」が題名の由来。

それは今朝、食後の散歩中…。
突然、庭木のイヌツゲの根元に
そうちゃんが潜り込んでしまった。
気になるものがあるのか執拗に頭を突っ込み、
細い枝の間で「アゴ打ち」までしているので
見かねた飼い主がそうちゃんを引っぱり出す。

「何してたんだそうちゃん」

※そうちゃんボイス。1オクターブ高い声で
『ちょっと、邪魔しないでくれる?』

再びイヌツゲの根元へ走るそうちゃん。

※1オクターブ高い声で
『あ、あ、あとちょっとで届く…!』

何かを嗅ぎ付けるような仕草に、
いぶかった飼い主が
その辺の棒切れでイヌツゲの根元を引っかくと
出て来たのは小ぶりのカタツムリ(の殻)。

この庭はカタツムリが多く、
わざわざあさらなくても殻はその辺にあるのだが…

「そうちゃん、これか?
こんなもんそこら中に落ちてるぞ…?」

するとそうちゃん

※1オクターブ高い声で
『あ、これ!』

バク!

そうちゃん、
カタツムリの殻をくわえてまさかの猛ダッシュ。
(パッと見パン喰い競走っぽい)
飼い主大あわて。
写真なんか撮ってる暇はない。

「ちょ、ちょっと待て!待て!そうちゃん!」

何とかそうちゃんをとっ捕まえたものの、
そうちゃんはカタツムリの殻を放そうとはしない。
ここで無理やり取り上げようとして
口を怪我させたり、噛み付かれるのは避けたい。
とにかくこれ以上走り回られても困るので
急遽「はなれ」に連行。

サク、サク、サク…(カタツムリの殻を食する音)

嗚呼、食べちゃったよ!ワイルドだよそうちゃん!

今まで、こんなもん与えたことなかったし
そうちゃんが散歩中に拾い食いすることもなかったのだが。

…カルシウム不足なのか?
…その場合、原因は卵か?まだ持ってるのか?


悩める飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

そうちゃんについて 

今回、
「そうちゃんとの付き合いも長くなったし
日々の管理のためにも記録をつけよう!」
と思い立ってこのブログをつづり始めた。
そのため食べたペレットの数だの、卵を産むだのフンをしただの、
あまりにデイリーで面白くない内容になってゐる。
(というか、面白いことをカメは狙わない。
その地味さの中に面白さを見出すのがカメの魅力だと思う。)

ところが今朝、このブログをながめながら
大変なことに気がついた。

「ワタシハ イママデ ウツカリシテ ヰタケレド、
ワタシノ ぶろぐノ ナカニハ
そうちゃんノ シヤウサイ(詳細)ガ カカレテ ヰナイデハナイカ」
(※元ネタ出典:『デンデンムシノ カナシミ』 by新美南吉)

「コノ シツタイハ ドウ シタラ ヨイデセウ。」
余談だが、飼い主は旧仮名遣いが大好きだ。

と言うわけで、今日の記事は「そうちゃんについて」
130709_072644.jpg
今さらだが、これがそうちゃん。↑

最近、写真を撮ろうにも食事中はガメラ顔全開なので
食後の甲羅干しの一枚をパシャリ。

そうちゃんはクサガメ。
1993年、10月頃にゼニガメとして飼い主に買われて来た。
(当時980円だった。ゼニガメの価格は景気関係なしか?
それにしても、命の値段って辛いものがあるな←買ったくせに)

飼い主の両親は特に反対せず、
「こんな小さなカメ、きっとすぐに死なせてしまうだろう。
その時は悲しいだろうが、
ペットを飼うことの厳しさを知る良い勉強になるだろう」と
温かく見守ってくれた。
以降、脱走事件を経て今年で飼育20周年を迎える。
家族の予想を見事に裏切り、想像以上のタフさを発揮した。
(ある意味『良い勉強』になった)

性別はメス。
気性は基本のんびり屋で大人しいが、
スイッチが入ると結構ワガママ。

すみかは庭に面したテラス。
飼育設備は便宜上「水槽」と書かせて頂いてはゐるが
本当のところは「角型たらい」である。
キングタライ 角型 110L 500426キングタライ 角型 110L 500426
サンコープラスチック
商品詳細を見る

↑品名がわからないが、こんな感じ。
(色から察してまんまにも見えるが)

衣装ケースでも飼ってゐたが屋外設置では光劣化がひどく、
買い替えをこまめにしなければいけないのと
一度そうちゃんを落とした時に底が割れた
(『そうちゃん壊した』のではなく『そうちゃん壊した』)
ため、このたらいに変更。
値段はそこそこだが劣化にも強く、丈夫な代物だ。
(とは云え底面にはそうちゃんの引っかき傷が無数にある)

一応天井には
ネコやカラスのいたずら防止に
100均で売ってる金網(壁に取り付けて物をかけたりするやつ)
を3枚つなげてかけてある。

これをそのままテラスに直置きすると照り返しが心配&作業がキツイため、
脚立を曲げて作った台を置き、その上にこのたらいを置いて飼ってゐる。
(実は空中暮らし)
下段の空間には汲み置きバケツが2つ並んでゐる。

水槽内の内装は、この写真のものだけ。
橋げた代わりのレンガ2つに、園芸用のアールのついたブロック(通称『太鼓橋』)。
食事後はだいたいここに登って甲羅干し。

「愛情一杯」と云うにはあまりにシンプルだが、
この設備でかれこれ4年は暮らしてゐる。物が少ないので管理しやすいのが魅力。
一方カメのおしっこにやられるのか、アール付きブロックの劣化が気になるところ。

餌は別のたらい(通称『はなれ』)で与える。
(そのたらいは、普通の洗濯とかするやつ)
冬眠は小ぶりの衣装ケースにミズゴケを入れ、
11月頃にそうちゃんが潜り込んだ後、
玄関の下駄箱下に収納。翌5月までオヤスミナサイ。

ちなみに、あこがれるものの紫外線灯や浄水フィルター等はない。
毎日ホースを使ってサイフォンの原理で排水、水替え&掃除。
(水がきれいだと、フンだけすくう時もあるが)
これがデイリーケア。

こんな暮らしだ。
そうちゃん、どうだ?幸せか?
130709_072628.jpg
そっぽ向かれた。


シンプルイズベストな飼い主。地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: そうちゃんプロフィール

[edit]

△page top

そうちゃん時々ガメラ 

昨夜、室温35℃の部屋で眠った。
今朝、目が覚めたら31℃だった。
…疲れが取れなかった。

そんなグロッキー状態の飼い主が
そうちゃん水槽のあるテラスへ出てみると…

※以下、「」内は昨日の記事に引き続き、
1オクターブ高い声、もしくはヘリウム吸引時の声をイメージして読んで頂きたい。
130709_071128.jpg
「オハヨー。ねぇ、お腹減ったんだけど」

何だかそうちゃんのテンションが高い。
はなれ(餌やり用たらい)に入れると催促全開。

130709_071116.jpg
「ホラ、早く餌!えさ!エサ!ゑさ!

先日「食欲が暴発しない」とか書いたが…
130709_071542.jpg
前言撤回。
そうちゃんはクサガメなんだ、ガメラじゃないんだ。
(自分に言い聞かせる飼い主)

どうやら気温が上がり、代謝が良くなって
産卵後の空腹感が募ったらしい。
変温動物恐るべし。

ただ、たくさん食べる頃になると
ほぼ同時期に「ふやけた餌拒否現象」も起きる。
実はそうちゃん、産卵前で食が進まない時は
餌投入後、わざと時間を置いてふやけた餌をチビチビ食べるのだが
(食べたくないけど、食べたいような…柔らかくして食べようとしているのか?)
モリモリ食べるようになると途端にワガママエンジンがかかり
餌を少しずつ(そうちゃんの食べるペースにあわせて)投入しないと
「何これ!ふやけてるじゃない!ペッ!
としてくれる。
(ふやけてない餌を入れると、そっちを選って食べる)

ヒトで言うなればあれか、
朝食シリアルの「カリカリ派」VS「しんなり派」のこだわりか。
それが日によって変わるのか…。

…「亀心」と書いて「きまぐれ」と読む(嘘)

▼以下、食べた餌メモ
7/9(火)…ペレット100粒。
※水中に崩れたフンらしきもの確認。


カリカリでもしんなりでもどっちでもいい飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

タイミングとか、あるのか? 

梅雨明けですな。
ナメクジ並みに日光が苦手な飼い主、早くも汗だく。
通勤だけでシャツがしぼれそうな状態に(涙)
今日からそうちゃんの熱中症対策に
水槽の水を増やす。
これも気休めかもしれないが…。

さて、ここから本日のテーマ。
先日、そうちゃんの産卵に立会い
感動もつかの間、新たな疑問が浮上した。

産卵当日、こっちが拍子抜けするほど
卵はスルスル生まれていたのだが、
実際のところ産卵にタイミングはあるのだろうか?

例えば今回、
庭で産卵をしたそうちゃんの気持ちとしては

※以下、1オクターブ高い声、
もしくはヘリウムを吸った声をイメージして読んで頂きたい。

1)「良いタイミング!ずっと苦しかったんだけど、
  産むのは今日じゃなきゃダメだったのよ!
  場所を物色しながら待ってたわ。お庭に出してくれてありがとう♪」
  (つまり、予定日あり。)

なのか

2)「何か最近、土の上を歩かせてくれるよね。
  今日は長く出してもらってるから、ここで産んじゃおうかしら。
  っていうか、これなら勢いで産めるかも。よっしゃ、産んじゃお」
  (つまり、予定日なし。条件さえ揃い、時間があればいつでも産む)

のどちらだったのだろう?
飼い主としては、2)っぽい気がするのだが。
で、今まで水槽で産んじゃってたのは、
2)の条件すら満たしてやらなかったからだと思うのだが…?
(多分『も、もうアカン。水の中だけど産むしかないわぁ』
みたいな極限状態で仕方なく産んでたのでは?)

何故それを知りたいのかと言うと、
今後もそうちゃんに穴堀り産卵はさせてやりたいものの、
産卵のたびに「見守り隊」をやる自信がないのだ。

平日の朝に
「今日が予定日です!」なんてことになっても仕事は休めないし、
ましてや「扶養家族が産気づきまして…」なんて言えない。
(欠勤理由は『家事都合』なのか?)

「付き添い」ができないとなると、
産卵用の土を入れた箱を作ってやらなけぁならないな。とか、
その箱にはいつ入れてやったらいいんだ?とか、
色々考えなけぁならないことも増える。
(ぶっちゃけほっといても産むのだが)
今まで産卵に関してほったらかしにしてきたぶんのツケがまわった気がする。

ああ、勉強せねば…。
そうちゃん、土曜日専門で産んでくれないかな…(甘い考え)

▼以下、食べた餌メモ
7/6(土)…産卵後、ペレット50粒
 7(日)…ペレット20粒。夕方、マグロの刺身一切れ(産卵祝い)
 8(月)…ペレット50粒。
※フン未確認。

今回あまり食欲が暴発しないそうちゃん。ちょっと軽いのが心配。
後ろ足の付け根とか、結構やせて見える…。


そうちゃんを愛せど理解しきれない飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: カメ疑問

[edit]

△page top

産卵終了 

本日、「地面に産卵」プロジェクトが無事終了。
以下、追記にそうちゃんの行動を時系列で記録。
素人のメモである上、
無駄に長文なのでお時間のある方にオススメしたい。

-- 続きを読む --

カテゴリ: そうちゃん産卵

[edit]

△page top

産卵行動の夜 

※タイトルは意味不明というか
「とりあえず『~の夜』をつけたらイーハトーブっぽくなるか?」
と思っただけである。

今週より、ジタジタ行動が激しくなってきたので
「地面で産卵」プロジェクトを始動。

▼6/30…庭散歩。ゴーヤー棚で一悶着。※詳細記事
この週(つまり今週)、
そうちゃんが餌を食べなくなり、ひたすらジタジタしはじめる。
普段だと仕事に追われる飼い主は
「ああ~そろそろ産卵か…ガンバレ」と遠巻きに見守るのだが
今回、庭をはわせた際
ひたすら土をかいで調べまくるそうちゃんの姿に
「お前、そんなに土が掘りたかったのか」と猛反省。
少しでも土を掘る時間を取ってやろうと
毎朝の餌やり&水交換の時間を使い、
そうちゃんに庭を散歩させることに。
(気分転換にもなるかもしれないし)
130630_080220.jpg
産卵場所を探しているのか、庭をはい回るそうちゃん。
その先はコンクリートだ!(汗)

▼7/01~7/02…結論を言えば、6/30とほぼ同じ行動。
とは言え、朝の散歩が気に入ったのか
「今日も餌食べないだろ?その分散歩に出るか?」と声をかけると
130703_053509.jpg
「うん、行く」と言いたげにブロックを降りてくる。
130703_053854.jpg
(不鮮明な写真で申し訳ない)

▼7/03…ついに庭の一角にある土が露出したところを発見。
興味深げに頭を突っ込む。
130703_060515.jpg
そうちゃん、それは「産卵」と言うよりも「冬眠」なのでは…?

▼7/04~7/05…以後、毎朝小一時間ほどこのポイントで穴掘り。
時々ポイントを見失うのか、
新たな場所を探しに行こうとして飼い主ともめる。
当初は頭を突っ込むポーズだったが、
だんだん後ろ足をモジモジして、何だか「それっぽい」動きに。
130705_062309.jpg
ガンバレそうちゃん!
飼い主、そうちゃんの背後で「応援歌」。
「♪バ~ルコック バ~ララゲ ブランドブランドブランド!
ラアメティングリ カルラッカンノ サンノサンノサ~ンノ」
※出典:「種山ヶ原の夜」の歌(一)
130704_060759.jpg
「…ウルサイ」と言いたげなそうちゃん。
すまん。
そうちゃんに賢治先生のノリは通用しないらしい。

土日は時間を気にせず付き合ってやる予定。
無事に産卵させてやりたい。

余談だが、今週は蚊に刺されまくりだった。

地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

案ずるより生むが易し 

タイトルのことわざ、
「ウムガヤスシ」が人名に聞こえて仕方がない。こんな飼い主。

本題。
そうちゃんは今日も餌を食べずにジタジタ。
多分「ジタジタ=卵産みたい!」なんだろう。
こうなると産卵終了まで
水槽から一日中ジタジタする音が聞こえてきて痛々しい。
一昨年はジタジタするうちに陸場のレンガにこすれたのか、
後脚の皮膚がめくれる怪我までした。
産んだところで結局は無精卵なのに、この苦しみよう。
とにかく元気で乗り越えほしい。

さて、飼い主は毎年、
水中で生んでしまったそうちゃんの卵を拾っているのだが
できることなら土に生ませてやりたいと思っている。
飼い主のエゴだと言われればそれまでだが、
一生に一度くらい、そうちゃんにカメらしい行動をさせてやりたい。
(実際問題ペットショップ出身のそうちゃんに、
どれだけカメのアイデンティティがあるのかは謎だが)

とは言え、土があればどこでも産卵OKというわけでもないらしい。
カメに納得の行く場所を見つけ出させ、
産卵行動を無事終わらせるまで、あくまでもカメ主体で、
ヒトサイドは相当の時間と気力を求められるこのミッション。
ごめん、私はヒトなんだよ。
自由と言っていながら、狭苦しい了見の中でジタジタしているヒトなのだよ。
うわ、どっちが痛々しいんだこりゃ。

…やべ、目頭熱くなってきた。
(思考停止)

ともかく、土日まで待ってくれるかそうちゃん…!
「ウムガヤスシ」さん、そうちゃんに力を…!

▼そうちゃんの拒食&ジタジタ:6/30~


痛々しい飼い主。地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

無為に過ごした20年なのか 

柄にもなく。季節のご挨拶。

梅雨の晴れ間にかかる五線譜に
巣立ちツバメが作曲中でした。
7月です。嗚呼、光陰矢のごとし。

そうちゃんと20年。
無駄に過ごした訳じゃぁないんだが
もっとカメのことを勉強しとけぁよかった。
わからんと言うことだけが、わかる。
毎年それの繰り返し。
むしろそうちゃんのほうが
うまいことこっちに合わせてくれているようだ。

さ、凹むのはこれくらいにして、今日の記録を。

今日もそうちゃんは朝食そっちのけでジタジタしていた。
あまりにたらいから出たがるので、
昨日に引き続き庭へ出したらゴーヤー棚方面へ直行。
飼い主、あせる。誰だよ、カメがのろまだなんて言ったのは!
「そうちゃん、そっちは行かないでおくれ」
飼い主の声を無視してはい回るそうちゃん。
やはりゴーヤー棚の根元が気になるか。だがな、
「ならぬものはならぬのですっ!」
(※先日、テレビで何を見ていたかが丸わかりである)
…もはやキャラが滅茶苦茶な飼い主。散歩も強制終了。
出勤前に蚊にくわれてボコボコってどうなんだ。
それに月曜からこのテンションで体力は持つのか。
(ちょっと疲れた)

それにしても
カメの執念と言うか、記憶力は相当だと思う。
「あっちへ行きたい!」と思っている(らしい)場所へは
向きを変えようが引き戻そうが、向き直って突進する。
持ち上げると「キシュー!(抗議の鼻息)」。
ちなみに、こちらもケチでそうちゃんの自由を奪っているわけではない。
一応庭には「ここ掘ってもいいよゾーン」はあるのだ。
わざわざ作ったんだよ、土ほっくり返して。
だのに何故…?君は行くのか、そんなにしてまで(泣)

嗚呼、かみ合わない心とココロ。

▼本日、体重測定:1321g
※身長は手持ちのノギスをオーバーした為延期。


地味に参加中。勉強させて頂いております。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。