06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

ジビエものがお好き 

今日は記事をもうひとつ。

▼今週の食べた餌メモ
7/10(水)…ペレット95粒
 11(木)…ペレット88粒。
 12(金)…ペレット110粒。

餌の量が増えた。
これが急激に減ると
「持ってますね」と言うことになる訳で。
今のところはとにかく食べて、体力回復してもらいたい。

そして今日の記録。

7/13(土)…ペレット105粒。+カタツムリの殻

この「+」が題名の由来。

それは今朝、食後の散歩中…。
突然、庭木のイヌツゲの根元に
そうちゃんが潜り込んでしまった。
気になるものがあるのか執拗に頭を突っ込み、
細い枝の間で「アゴ打ち」までしているので
見かねた飼い主がそうちゃんを引っぱり出す。

「何してたんだそうちゃん」

※そうちゃんボイス。1オクターブ高い声で
『ちょっと、邪魔しないでくれる?』

再びイヌツゲの根元へ走るそうちゃん。

※1オクターブ高い声で
『あ、あ、あとちょっとで届く…!』

何かを嗅ぎ付けるような仕草に、
いぶかった飼い主が
その辺の棒切れでイヌツゲの根元を引っかくと
出て来たのは小ぶりのカタツムリ(の殻)。

この庭はカタツムリが多く、
わざわざあさらなくても殻はその辺にあるのだが…

「そうちゃん、これか?
こんなもんそこら中に落ちてるぞ…?」

するとそうちゃん

※1オクターブ高い声で
『あ、これ!』

バク!

そうちゃん、
カタツムリの殻をくわえてまさかの猛ダッシュ。
(パッと見パン喰い競走っぽい)
飼い主大あわて。
写真なんか撮ってる暇はない。

「ちょ、ちょっと待て!待て!そうちゃん!」

何とかそうちゃんをとっ捕まえたものの、
そうちゃんはカタツムリの殻を放そうとはしない。
ここで無理やり取り上げようとして
口を怪我させたり、噛み付かれるのは避けたい。
とにかくこれ以上走り回られても困るので
急遽「はなれ」に連行。

サク、サク、サク…(カタツムリの殻を食する音)

嗚呼、食べちゃったよ!ワイルドだよそうちゃん!

今まで、こんなもん与えたことなかったし
そうちゃんが散歩中に拾い食いすることもなかったのだが。

…カルシウム不足なのか?
…その場合、原因は卵か?まだ持ってるのか?


悩める飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。
スポンサーサイト

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

そうちゃんについて 

今回、
「そうちゃんとの付き合いも長くなったし
日々の管理のためにも記録をつけよう!」
と思い立ってこのブログをつづり始めた。
そのため食べたペレットの数だの、卵を産むだのフンをしただの、
あまりにデイリーで面白くない内容になってゐる。
(というか、面白いことをカメは狙わない。
その地味さの中に面白さを見出すのがカメの魅力だと思う。)

ところが今朝、このブログをながめながら
大変なことに気がついた。

「ワタシハ イママデ ウツカリシテ ヰタケレド、
ワタシノ ぶろぐノ ナカニハ
そうちゃんノ シヤウサイ(詳細)ガ カカレテ ヰナイデハナイカ」
(※元ネタ出典:『デンデンムシノ カナシミ』 by新美南吉)

「コノ シツタイハ ドウ シタラ ヨイデセウ。」
余談だが、飼い主は旧仮名遣いが大好きだ。

と言うわけで、今日の記事は「そうちゃんについて」
130709_072644.jpg
今さらだが、これがそうちゃん。↑

最近、写真を撮ろうにも食事中はガメラ顔全開なので
食後の甲羅干しの一枚をパシャリ。

そうちゃんはクサガメ。
1993年、10月頃にゼニガメとして飼い主に買われて来た。
(当時980円だった。ゼニガメの価格は景気関係なしか?
それにしても、命の値段って辛いものがあるな←買ったくせに)

飼い主の両親は特に反対せず、
「こんな小さなカメ、きっとすぐに死なせてしまうだろう。
その時は悲しいだろうが、
ペットを飼うことの厳しさを知る良い勉強になるだろう」と
温かく見守ってくれた。
以降、脱走事件を経て今年で飼育20周年を迎える。
家族の予想を見事に裏切り、想像以上のタフさを発揮した。
(ある意味『良い勉強』になった)

性別はメス。
気性は基本のんびり屋で大人しいが、
スイッチが入ると結構ワガママ。

すみかは庭に面したテラス。
飼育設備は便宜上「水槽」と書かせて頂いてはゐるが
本当のところは「角型たらい」である。
キングタライ 角型 110L 500426キングタライ 角型 110L 500426
サンコープラスチック
商品詳細を見る

↑品名がわからないが、こんな感じ。
(色から察してまんまにも見えるが)

衣装ケースでも飼ってゐたが屋外設置では光劣化がひどく、
買い替えをこまめにしなければいけないのと
一度そうちゃんを落とした時に底が割れた
(『そうちゃん壊した』のではなく『そうちゃん壊した』)
ため、このたらいに変更。
値段はそこそこだが劣化にも強く、丈夫な代物だ。
(とは云え底面にはそうちゃんの引っかき傷が無数にある)

一応天井には
ネコやカラスのいたずら防止に
100均で売ってる金網(壁に取り付けて物をかけたりするやつ)
を3枚つなげてかけてある。

これをそのままテラスに直置きすると照り返しが心配&作業がキツイため、
脚立を曲げて作った台を置き、その上にこのたらいを置いて飼ってゐる。
(実は空中暮らし)
下段の空間には汲み置きバケツが2つ並んでゐる。

水槽内の内装は、この写真のものだけ。
橋げた代わりのレンガ2つに、園芸用のアールのついたブロック(通称『太鼓橋』)。
食事後はだいたいここに登って甲羅干し。

「愛情一杯」と云うにはあまりにシンプルだが、
この設備でかれこれ4年は暮らしてゐる。物が少ないので管理しやすいのが魅力。
一方カメのおしっこにやられるのか、アール付きブロックの劣化が気になるところ。

餌は別のたらい(通称『はなれ』)で与える。
(そのたらいは、普通の洗濯とかするやつ)
冬眠は小ぶりの衣装ケースにミズゴケを入れ、
11月頃にそうちゃんが潜り込んだ後、
玄関の下駄箱下に収納。翌5月までオヤスミナサイ。

ちなみに、あこがれるものの紫外線灯や浄水フィルター等はない。
毎日ホースを使ってサイフォンの原理で排水、水替え&掃除。
(水がきれいだと、フンだけすくう時もあるが)
これがデイリーケア。

こんな暮らしだ。
そうちゃん、どうだ?幸せか?
130709_072628.jpg
そっぽ向かれた。


シンプルイズベストな飼い主。地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
素晴らしきクサガメブログの世界へ。

カテゴリ: そうちゃんプロフィール

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。