07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

夏の読書感想文 

先日の記事で借りてきた各種カメ飼育書。
休みの時間を利用して、モリモリ読ませて頂いた。
以下は、個人の独断と偏見の感想。

▼飼い主の求める飼育書とは

飼い主にとって「欲しいカメ=クサガメ」なので
カタログ的なページは、はっきり言っていらない。
なので、多くのリクガメさん…
ましてやウミガメ様の紹介、飼育法は申し訳ないがいらない。
その分、水棲ガメ…っていうかクサガメの飼育法を充実させて欲しい。
そしてビギナーでもわかりやすい内容、写真も多め、
専門用語の解説のあるとっつきやすいのがいい。

そんなワガママスタンスで読んでみた、注目飼育書 3冊。

▼その1
爬虫・両生類飼育ガイド 水棲ガメ
 ―世界の水棲ガメのタイプ別飼育 飼育+繁殖+種類別のポイント+Q&A etc.

「タイトル長過ぎ!」と思ったが、
タイトルに負けずなかなか充実した内容。 2011.4.30発行

〈良い点〉
・各種カメの紹介文の最後に「飼育容器の最小サイズ」が載っており、
 最終的に必要な飼育容器の大きさがわかる。
(ビギナーはちっこいゼニガメを片手に、90cm水槽を想像できないと思う)
・愛好家の飼育スタイルの紹介ページの写真がカラーでわかりやすい。

〈残念な点〉
・図鑑ページ(カラーページ)が前半に集中しており、
 飼育系ページは全て白黒。
 先述の「飼育容器の最小サイズ」云々は図鑑ページには無く、
 後半の飼育ページを引かないと出ないため、ちょっと面倒。
・各種カメの繁殖データが載っているのに、クサガメが無い!(泣)

▼その2
カメ (爬虫・両生類ビギナーズガイド)
可愛い表紙の小ぶりな飼育書。 2008.9.1発行

〈良い点〉
・著者が上記の本と同じ人である為、
 各種カメの紹介文の最後に「飼育容器の最小サイズ」が載っている。
・所々に挿入されたエピソードが面白い。実話の迫力を感じる
・オールカラー。カメのイラストがとても可愛い。
・本自体が小さいため、とっつきやすい。でもって安価(1000円)。

〈残念な点〉
・ビギナー向けを謳っている為、内容が「広く浅く」感がある。
 そのうちに更にマニアックな本が欲しくなるかも。
・コンパクトにまとめるべく、字が小さめ。
 おまけにちょっと文章がぎこちなく、誤字も…うん。

▼その3
水棲ガメ (爬虫・両生類パーフェクトガイド)
パーフェクトを謳うだけあり、カタログページが充実。 2011.12.31発行 

〈良い点〉
・ペットとしての水棲ガメをほぼ全部網羅しているらしく
 カメの種類の情報量がすごい。見ごたえ十分。

〈残念な点〉
・↑のカタログページにあまり興味の無かった私には…。
・飼育法のページがカタログページに比べてぐっと少なく、
 ギューギューに情報を詰め込んだ感が否めない。
・パーフェクトなのに
 ハラガケガメの「腹掛け」写真が無いのがあまりに無念…。


…とまあ、こんな感じでどの本も一長一短有りだが、
私の書架にある
「カメの餌例:鳥獣肉 ハム、ソーセージ、チーズ」
と書かれたスゲー本よりかは
はるかに情報も新しく、洗練されていると思う。
あくまでも個人の意見なため、参考にはならないと思うので、
購入時はアマゾン等、各種レビュー等もご覧頂きたい。

▼番外
カメの家庭医学
これ、すごい。カメの病気が写真つきでズラズラ。
中には目を背けたくなるような写真もあるが、
「こうなったら注意だ」「こうならないように気をつけよう…」
というカメ飼育に対する緊張感を持たせてくれる。
専門書感が強いが、手元に置いておけたら良い本
…だけど、リクガメさんのページはいらn…(もがもが)


読書感想文に良い思い出のない飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。
スポンサーサイト

カテゴリ: カメ疑問

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。