01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

備忘録:2014年2月 

▼2014年2月の備忘録。
うう、今年も6分の1が終わったなんてウソだ。

▼2月 
 1(土)~28(金)…返す返すも冬眠中

3月になれば、気温も上がるんだらうなぁ。
早くそうちゃんに会いたいものだ。



冬眠ケースのなかにゐる
かあいゝそう子よでゝおいで、
みんなはおまえを待つてゐる。

お空は青くはれてゐる、
そう子甲羅干しを待つてゐる。

テラスの空気は澄んでゐる。
ペレットたらいにこぼれてる。

お庭の土は呼んでゐる、
ホリホリにおいでと呼んでゐる。

光はいつぱいみちてゐる。
神様までが待つてゐる。

そう子そう子でゝおいで、
水のなかからでゝおいで、
飼い主「ばあつ」とでゝおいで。

※元ネタ出典「雀の歌」by新美南吉
ふざけました。すいません。


明日は生存確認しようかな…。


そうちゃん待ちの飼い主、今月も地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。
スポンサーサイト

カテゴリ: 餌・体重記録(2014)

[edit]

△page top

そして、私たちを囲むもの 

▼2月ももうすぐ終わり。
赤い靴を履いてやってきた冬も
去りゆくとなると寂しいような気がする頃
緑色の靴を履き、「いのち」の春が来る。
(…こんな文章が出てくる時点で、『季節の変わり目』である。
『春と修羅』とは云ったもんだなぁ)

春分点は今はうお座にあるんだっけか。

▼サテ、
そんなこんなでそうちゃんの目覚めを待ってゐるのだが、
実は私の両親も、そうちゃんを気にかけてくれてゐる。

とは云え、そうちゃんが目覚めたところで
その生活は屋外のたらいの中。
スキンシップなんざ皆無なのだが、
それでも夏場、窓際で甲羅干し中のそうちゃんを見ながら、
「いいカメだね」と褒めてもらえると
嬉しくて子供時代に戻ったような気持ちになる。
※「いいカメ」…首を伸ばした甲羅干し中の姿勢のこと。
そのニュアンスは、なんとなく伝わってくる(笑)


正直、子供にゼニガメの飼育は困難だった。
そうちゃんは何とか大きくなってくれたものの、
時には持て余し、両親に水替えをお願いすることもあった。
今、私がそうちゃんと向き合えるのは
なんだかんだとわがままだった子供の私と
そんな私に飼われたそうちゃんを、
傍らで見守り、育ててくれた両親のおかげだと思う。

小さい子供の動物飼育に、大人のフォローは欠かせない。
生き物をおもちゃ代わりに買い与えるだけじゃなく、
一緒に観察し、一緒に試行錯誤し、時には叱り、
そして一緒に感動を共有できる大人の存在の大きさ。
自分が大人になって、その価値に気が付いた。

そうちゃんの甲羅の年輪の中に
私と家族の記憶も刻まれてゐる。
カメは、飼い主の記憶も長く共有できる
そんな不思議な生き物だと思う。

そして、そんな生き物を子供と一緒に眺めてゐる、
サウイフ大人ニワタシハナリタイ。


家族に感謝な飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: そうちゃん思い出

[edit]

△page top

2月も折り返してしまったので 

▼再度、お知らせ。
そしてささやかながら応援を…

▼ブログ、「クサガメ・のんちゃん♪と暮らす」にて、
『ミシシッピアカミミガメ飼育者さま対象のアンケート』実施中。
2014021601.jpg
※サムネイルクリックで大きくなります。
「アンケート、やってるよ。声を届けてほしいな」

期間は今月28日まで。アカミミガメ飼育者様は、是非ご参加を。
尚、こちらのブログには各種アカミミガメの情報がアップされてゐる。
今後も要チェックだ。

…とは云え、実際に農作物の被害もあり、
アカミミガメを目の敵にしてゐる方もおられると思う。
きれいごとじゃ済まされない、生々しい現実を見ずして
こんな絵を描いてもなぁ…
だけど応援する気持ちは届けたいし…と思いつつ、ペンを進めた。

でも、アカミミガメは自ら望んでこの国に来たわけじゃない。
多分、自然下ではそれぞれの種類のカメが必死で生きてゐて
それが捨てられた外来種であったとしても
ただただ、個体としてその身体に詰まった命をひたすらつないでゐる。
だから交雑してしまうんだらうし、
不自然な形で「淘汰」されてしまう種もいるんだらう。
そして、増えすぎて処分されてしまう個体も…。


このグルグルに頭を抱えつつ、
且つクサガメも外来種である事実を胸に、今私ができることと云えば…。
「そうちゃんを、捨てない。逃がさない。繁殖させない」
そのくらゐしかないのだけれど。


無力な飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: その他・お知らせ・小ネタ

[edit]

△page top

努力と辛抱の14週目 

▼羽生結弦選手金メダル獲得のニュースで沸き立つ今朝、
わたくしは
鳥羽水族館の絶食ダイオウグソクムシ死亡の知らせに撃沈してゐた。
※参考リンク:絶食のダイオウグソクムシ死ぬ NHKニュース

ローカルすぎるニュースだが、わたくしにとっては「気になるアイツ」。
こんなもん↓までつけるほど好きだったのに。
ムニュマム ぬいぐるみ ストラップ (ダイオウグソクムシ)ムニュマム ぬいぐるみ ストラップ (ダイオウグソクムシ)
ティーエスティーアドバンス

商品詳細を見る

※このストラップの優れた点は、
ダイオウグソクムシの外観的特長を損なうことなく
且つ可愛らしいデフォルメで
気持ち悪さを見事にカムフラージュしてゐるところだ。
(ビラビラの足が無いのはご愛嬌)
おまけに小さいのに手触りが良く、親戚のちびっ子に
「グソクチャン(否チャン・グンソク)」と呼ばれ可愛がられてゐる。
(多分、そのうち2代目を買うことになるだらう)


このショック。ロンサム・ジョージの訃報以来だ。
5年以上も餌を食べず、静かに世を去ったアイツ。
その姿が、吾がスリーピングクサガメス・ソウコと被る。
…絶食期間は桁違いだが。

touminn.jpg
わざわざ作ってみた。元ネタは言わずもがな。

ちなみに、そうちゃんとは落ち葉水投入以来顔を合わせてゐない。
まぁ、彼女のタフさは誰よりも私が知っているし、
毎度の安眠妨害は心が痛む…だが、
あのダイオウグソクムシと同じ運命になってゐたらかなわない。
今日こそ生存確認しなけぁ…。

ごそごそ…ざぶん(猛烈に冷たい水)

「キシュー…ボコボコ…」
両目をしっかり閉じて、身体を縮めるそうちゃんと対面。

嗚呼…生きてた。
当たり前と云えばそうなのだが
こんな苛酷な環境の中、生きてゐてくれてありがたう。
タフで我慢強いお前に、金メダルを。


ダイオウグソクムシにも金メダルを贈りたい飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

遅ればせながら、羽生弦選手金メダル獲得おめでとうございます。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

雪降る静かな13週目 

▼本日は冬眠13週目。
天気予報が当たり、水曜日から極寒。今朝は降雪。
雪降る朝は、何故だか街が静かに感じる。
研ぎ澄まされた空気に、耳は鋭くなってゐる筈なのに。
そんな雪も昼前にはみぞれっぽくなり、今はもう雨。
そのまま融けてくれればありがたいのだが。

とか何とか思いながら、
そっとそうちゃん冬眠ケースを眺めるも、
先日投入した落ち葉も手伝って中の様子が全く見えない…。

うう、ちゃんと生きてゐるだらうか。
もう、こうなると飼い主は黙って待つしかない。
そう子は毎年わたくしに「忍耐」と「信頼」を教えてくれる(笑)
500円玉に手足が生えたようなゼニガメが、
こんなに私の人生に影響を与えるとは…。

▼サテ、いかんせんカメの話題がないので、
別の話になってしまい恐縮だが…今の季節は星がキレイだ。
南の空はオリオン座のベテルギウスを中心に、
リゲル(オリオン座)、アルデバラン(おうし座)、カペラ(ぎょしゃ座)、
ポルックス(ふたご座)、プロキオン(こいぬ座)、シリウス(おおいぬ座)の
6つの一等星が六角形に並ぶ
「冬のダイヤモンド」は市街地でも見られるのでお勧め。

Big Dipper 夜空をすくい
おほくま こぐまは poler bear
Capellaのふたごを かぞへてかえる
ひとりぼっちの よなかみち
…酔っ払いではない。

何でこう、冬の空って気前がいいんだらうね。

▼もう一つ余談。
先日、地元の動物園へ行った。
2014020102.jpg
今年に入って2回目。
何だこの訪問スパンの短さは。年間パスを買えってことか。

20140200.jpg
園内の売店で食べられる「コアラソフト」。
目が甘納豆っぽかった(笑)「ゾウさんソフト」もあるよ!

園内に「外来種」関連の資料が掲示されてゐるのを発見。
2014020101.jpg
画像が小さいが、
中段右側に「外来種」としてのミシシッピアカミミガメの写真が。
クサガメ(上段右側)が「在来種」になってゐるけど、本当のところはどうなんだ?
明治以前だからセーフってことか?

うーむ、子供達への啓蒙も大人の責任だよなぁ…。


「ペット用の動物は大人が責任をもって飼育し、その指導のもと子供が触れ合う」
(つまり、大人も飼い方を知らないような動物を子供のおもちゃとしてあてがわない)
こんなルールがあればいいのにと思う飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

起こしてしまって申し訳ない 

▼本日、節分。明日は立春だ。
暦の上では春…なのだが、どうやら今週は寒いらしい。
と云うより、ここ数日が温か過ぎたような気がする。

さて、前回の記事で触れた「落ち葉水」
明日以降の寒さに備え、帰宅後冬眠ケースに投入してみた。

この行為、飼い主は良かれと思ってしたことなのだが
当のそうちゃんは汲み置きとは云え、水位と水質が変わり
(多分)今まで触れた事の無い
ドングリ(アベマキ?)の葉っぱが入ってきて驚いたらしく、
ぱっちりと目を覚まし、水面に息継ぎに出てきてしまった。
そして今尚そうちゃんは
水の中で落ち着かなさそうにウロウロしてゐる。
…ごめん、そんなつもりじゃなかったのだよ。

ここ数日温かかったのもそうちゃんが落ち着かない原因だらうか。
嗚呼、つのる罪悪感。
申し訳ないが、もう一度寝なおしてくれ。

▼おまけ。或る朝の光景。
140201_072756.jpg
「わぁーいクリルだ~」

「アミの佃煮」を食すと、ちょっとカメの気持ちになる。
(そうちゃんのは川エビだが)

ちなみに画像にある銀紙のカメは、
そうちゃん恋しさのあまり
おにぎりを包んでゐたアルミホイルで作ったものである。
140201_072947.jpg
(腹甲側はお粗末なのでお見せできない)


廃物利用が好きな飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。