05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

備忘録:2014年6月 

▼2014年6月の備忘録。
140628_063716.jpg
「早く外に出しなさいよ」 ※1オクターブ高い声で

今月は産卵で始まり抱卵で終わった。
ウムガ先生は未だ往診に来てくれず、
そうちゃんは今日も苦しげにジタジタしてゐた。
28(土)の庭散歩の際、4時間にわたって穴掘りをしてゐたのだが…。

▼つーことで、2014年6月の給餌メモ。

5/28(水)~6/6(金)の10日間、抱卵の為絶食。 
そうちゃんの産後の体重:1334g(産卵前比 ‐88g)

 7(土)…ペレット50粒、川エビ7匹。(備考:産卵後の給餌)

 8(日)…ほとんど食べず。(備考:緑色の苔のようなフン有)
 9(月)…カツオの刺身2切、ペレット150粒、川エビ7匹。
 10(火)…マグロの刺身1切(備考:カツオのほうが旨いらしい)
 11(水)…ペレット130粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 12(木)…ペレット150粒、川エビ5匹。(備考:フン△)
 13(金)…ペレット150粒、川エビ10匹。(備考:フン△、ジェイソン×)
 14(土)…ペレット150粒、川エビ10匹。(備考:フン△、顔の傷発覚)

 15(日)…ペレット250粒、川エビ10匹。(備考:フン△)
 16(月)…ペレット180粒、川エビ10匹。
 17(火)…ペレット230粒、川エビ10匹。(備考:フン△)
 18(水)…ペレット200粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 19(木)…ペレット100粒、川エビ13匹。(備考:フン○)
 20(金)…ペレット130粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 21(土)…ペレット200粒、川エビ8匹。(備考:フン○)

 22、23(日、月)…ペレット10粒、川エビ3匹程度。
 24(火)…まぐろの刺身0.5切れ。(2切れ与えたものの、後はお残し)
 25(水)…ほとんど食べず。庭散歩開始。体重:1376g
       以後、食べると云っても偶然口に入る程度で
       ガツガツ感は全く無くなる。
 ~30(月)…やはりほとんど食べず。体重:1411g(産後比:+77g)

餌を食べてゐないのに増量するのは卵の分か?
因みに、顔の傷の経過は良好。
今では薄っすら傷跡が見えるくらゐ。

▼産卵記録
6月6日…完全な形のを7個。84g。
   7日…崩れた殻が約1つ分。

▼おまけ:穴掘り中のそう子。
140628_064224.jpg
踏ん張りっぷりがいじらし過ぎるカメケツ。


カメの産婆になりたい飼い主、今月も地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。
スポンサーサイト

カテゴリ: 餌・体重記録(2014)

[edit]

△page top

ウムガ先生、出番です! 

▼今週の給餌メモ
 22、23(日、月)…ペレット10粒、川エビ3匹程度。
 24(火)…まぐろの刺身0.5切れ。(2切れ与えたものの、後はお残し)
 25(水)~…絶食。庭散歩開始。体重:1376g

▼…と、云うことで
今週よりそうちゃんの食欲がガタ落ちし、引き換えにジタジタ行動が。
うーむ、どうやら「2回目」が来たようだ。

前回から気になってゐる事だが、今年の産卵は去年よりも早い。
気温や気候が原因か?冬眠明けもやや早めだったが、その影響か?
去年は2回目の産卵で最多の12個を産んだが、今回はどうだろうか?
今、そう子の甲羅の中では何が起こってゐるんだろうか?
嗚呼、心配なことばかり。

土を掘らせようにも、
去年の場所は気に入らないらしく庭をウロウロ。
140625_063942.jpg
地面に顔をつけて、クンクンと匂いを嗅ぎながら
そこら中に潜り込もうとするので飼い主も冷や汗ものだ。

そして、この時期のそうちゃんの顔は黒目がちになって
どこか訴えるような表情に見える。
単なる感情移入かもしれないが、こちらをじっと見上げて
「何とかして、出して頂戴」と云いたげに首を伸ばしてくるのは
産卵を控えて産み場所を探しに行きたいからか?
それとも苦しいからか?不安なのか…?
嗚呼、そう子よ。

とは云え全ては自然の秩序のままに、結局はそうちゃん任せになるのだが
…毎度の事ながら心配してしまう。

嗚呼、ウムガ先生ーー!
いや、実際には叫ばんけどさ…。


「ウムガ産科」を探す飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

※補足:ウムガ先生…参考記事「案ずるより生むが易し
要は「生むが易し(ウムガ・ヤスシ)」が人名っぽいねって云うどーしよーもない話。

※補足2:顔の傷の経過は良好。
しかし、傷部分の模様は欠けたままになりそうだ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

庭の仲間 

▼発覚から一週間後のそうちゃんの顔の傷。
2014062101.jpg

…うーむ。
少しずつふさがってきてゐるように見えるんだがなぁ。
乾燥すると凹んでたりするし、よくわからない傷だ。

そして、愛溢れる煎じ薬入れ↓
140620_071305.jpg
…ただ単に人間用との混用防止とも云えるが、
ここはあくまで「愛」と云い張らせて頂く。


▼明日は、「ブログ村」様に入村一周年だったりする。
「妖怪三日坊主」の異名を持つ私が一周年。
半年間の冬眠期間や、今現在のグダグダ更新はともかくとして一周年。

思い起こせばそうちゃんの記録をつける為に始めた
超絶マイナー・そしてシュールなブログだが、
コメントを通して貴重な飼育情報の交換もさせて頂き
そうちゃん理解に弾みが付いた一年だった。

ありがとう、ブログ村様。
ありがとう、閲覧者各位。
ありがとう、そうちゃん。
そしてこれからもよろしくお願いします。
140621_091622.jpg
「お祝いはあつた蓬莱軒でね♪」 ※1オクターブ高い声で

▼さて、表題のお話。
もうご存知の方も多いとは思うが
そうちゃんの暮らす水槽(本名・キングタライ)は
庭に面したテラスに置かれてゐる。
テラスの先にある小さな庭では、
各種植物・動物類が野生のままに暮らしてゐる。

140621_090726.jpg
※画像左側、草が生えているところが庭ゾーン。
そうちゃんの産卵場所や散歩の範囲もこの庭の中だ。


無論、「テラス」だの「庭」だのの境界線は、
ヒトサイドが勝手に定めたモノにすぎない為、
庭の住民はテラスもそうちゃん水槽も区別なく自由に行き来している。
アリ達はそうちゃんの汲み置き水を勝手に飲みに来るし、
ダンゴムシは給餌の際にこぼれ落ちたペレットが大好きで
ちょっとでも落とすとすぐに群がってくる。
(川エビなんか落とした日には、『川エビ祭り』が開催されてゐる)
そしてどこからともなく飛んで来るコガネムシは、
時折そうちゃん水槽に転落して餌食になり、
水替え作業中の私は、カ達にとって時宜にかなった血液供給者となる。
無論、物理的な対抗はするが…。
殺虫剤は、その臭いで飼い主自身が死んでしまいそうになるため使いたくないのだ。

一方、そうちゃんの生活排水や残飯等は全て庭の土の上に流されており、
煎じ薬の材料であるアロエも、そうちゃんの排水で育てられてゐる。
水が豊かなため庭木は生い茂り、餌場になるのかトリたちも頻繁にやって来る。
よほど気に入ったのか、はたまたよほど住宅難だったのか
庭木にヒヨドリが巣を作ったこともあった。

…この、何とも「不衛生」な環境。
しかし、これが何とも幸せな場所に思えてくる。
今更ながら今私とそうちゃんがゐる場所は「私の家」ではなく
大勢の生き物たちの中に「お邪魔してゐる」場所に過ぎないのだと思う。

おお、これからも「庭の仲間」であらんことを。


ワイルドライフ飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

※しかしながら、有毒な生き物(スズメバチ等)と
家の中にまで入ってしまった生き物(ハエ・カ等)は苦渋の顔で駆除してゐる。
テラスまではセーフっとことで。


▼給餌メモ
 20(金)…ペレット130粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 21(土)…ペレット200粒、川エビ8匹。(備考:フン○)

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

顔の傷・経過 

▼先週の土曜日は6月14日に発覚した
そうちゃんの顔の傷、その後。

▼参考:6月15日撮影。
140615_01.jpg
絵文字で示した部分が傷。
そっと触ると、頬の皮膚が丸く凹んでゐるのがわかる。
出血はしておらず、
肉だけがきれいに凹んでゐるのが不自然な印象。

原因は不明だが、水槽内で怪しいところと云えば
足場を支えるのに使ってゐるフック。
白か黒かは未だ不明とは云え
とりあえずそうちゃんの顔に当たらないよう、
フックの上から人工芝を被せてガードした。
(画像が無くて申し訳ない)
これでまた同じ怪我が発生したらどうしようね。

▼そして本日:6月19日
140619_01.jpg
画像では凹凸まではわかりにくいが、
凹んだ部分に肉が付き、徐々に盛り上がってきた感じ。
そうちゃん自身は普段と変わらず
餌を食べ、甲羅を干し、元気にしてゐるので
このまま自然に治ってほしいものだ。

※蛇足:
これはあくまでも民間療法なので
安易にマネはしてほしくないのだが、
傷にはアロエの煎じ汁(※自家製・家族が分けてくれた)
を綿棒でちょいちょいと塗ってゐる。
まぁ、塗った直後に水場へダイブだが…。

余談だが煎じ汁を入れた小ビンには、
家族の字で「カメ」と書かれた付箋が貼ってあった。
ちょっと目頭が熱くなった。

▼おまけ:傷の写真が撮りたいのに
140619_04.jpg
1)無駄にカメラ目線

140619_02.jpg
2)動き回る

140619_03.jpg
3)近い近い!

…まぁ、それだけ元気なんだってことで。


記録画像もロクに撮れない飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

▼給餌メモ
 16(月)…ペレット180粒、川エビ10匹。
 17(火)…ペレット230粒、川エビ10匹。(備考:フン△)
 18(水)…ペレット200粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 19(木)…ペレット100粒、川エビ13匹。(備考:フン○)

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

顔の傷 

▼それは6月14日。
うららかな土曜の朝の事だった。

飼い主:あれ!?そう子、お前どーしたんだその顔!?

140615_081259.jpg
「何よ、どうしたって云うのよ。
それより蓬莱軒に予約は取ったの?」 ※1オクターブ高い声で
取ってねーよ。

…飼い主の目に留まったマダムソウコの異変がこちら↓
20140614.jpg
これと、
140614_092239.jpg
これ。

顔の模様の真ん中の線(目尻から伸びている)の先端が
右頬で途切れてゐるのが見えるだろうか?
この部分、皮膚が押し付けられたように丸く凹んでゐる。

いつの間にこんな傷をこさえたんだと
必死で画像データを遡ったところ、
どうやらごく最近の出来事らしい。
ばかな、脱出イリュージョンは防止網を設置したのに。

※参考:去年の冬眠前の顔。
2013110904.jpg
無傷なお顔♪

脱出イリュージョン以外に顔に傷の付くことと云えば、
思い当たるのが産卵行動。
憶測だが、ジタジタもがいてゐるうちに
陸場を支えるフックの先端に顔を押し付けてしまったのではないか。
おお、そう子よ。
飼い主の責任とは云え、顔に傷なんてやめておくれよ。

まぁ、はげしい抉れや出血等はないため様子見しつつ
急ぎ陸場のマイナーチェンジの構想を練ることになったのだが…。
…カメを飼ってゐると認知症にはならない気がする(笑)

▼この際なので、そうちゃんの傷を紹介。

1)縁甲板の亀裂
140615_081032.jpg
見えにくいが、項甲板のすぐ右の縁甲板に大きな亀裂痕。
随分昔に負傷したらしく、記録なし。何が原因でついたかも不明。
特に甲羅の成長が妨げられてゐる印象もないが、多分一生治らないだろう。
ある意味そうちゃんを見分ける際のポイントでもあるのだが…。

2)肋甲板の擦り傷痕
140615_074959.jpg
これは数年前に太鼓橋とたらいの隙間に落ちた際にできたもの。
負傷当時は表面がめくれて白い部分(骨?)がむき出しになり
血も滲んで痛々しかったが、今では大分薄くなってゐる。

…こうやって見ると、
飼育個体とは思えない傷つきっぷりだな、そうちゃん。

140615_074910.jpg
「あんたのせいよ!」 ※1オクターブ高い声で

尤もだ、許せ。


あつた蓬莱軒には1度しか行ったことがない飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

▼給餌メモ
 7(土)…ペレット50粒、川エビ7匹。(備考:産卵後の給餌)

 8(日)…ほとんど食べず。(備考:緑色の苔のようなフン有)
 9(月)…カツオの刺身2切、ペレット150粒、川エビ7匹。
 10(火)…マグロの刺身1切(備考:カツオのほうが旨いらしい)
 11(水)…ペレット130粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 12(木)…ペレット150粒、川エビ5匹。(備考:フン△)
 13(金)…ペレット150粒、川エビ10匹。(備考:フン△、ジェイソン×)
 14(土)…ペレット150粒、川エビ10匹。(備考:フン△)

 15(日)…ペレット250粒、川エビ10匹。(備考:フン△)

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

カメの甲羅に手を置いて 

▼勿論、こんなことをしても無意味だと云うことは
わかってゐるのだが…。

140603_060143.jpg
そっ

そうちゃんの甲羅に手を置いて
…何を考えてゐるのか知りたい。

140608_082539.jpg
「簡単じゃないわよ」 ※1オクターブ高い声で

言葉が通じない生き物だからこそ、最善を尽くそうとはしてゐるが
それが「正解」であるかどうかはイマイチよくわからない。
せいぜい病気と怪我の予防に奔走し、
産卵の時は一緒に力むくらゐ。(無意味)

140608_082742.jpg
「この上には何があるのかしら」 ※1オクターブ高い声で
このくらゐはなんとなくわかるのだが…。

今、そうちゃんは産卵を終え
少しずつ食欲が戻ってきてゐる。
ここはせいぜいうまいもの(否・ワップルや葡萄パン)
たっぷり食べさせてやりたいもの。
これが多分、「飼い主心」と云うものだろう。

▼おーい、そうちゃん。
次の産卵に向けて、今のうちに食べておきたいものはあるかい?
天むすとか味噌カツとかどて煮とか
あんかけスパとか手羽先とか…。

140614_092227.jpg
「う~ん、名古屋めしばっかりねぇ…」 ※1オクターブ高い声で

まぁ、地元のソウルフードだしな。
コッテリガッツリ、元気が出るよ。

140614_092239.jpg
「じゃ、ひつまぶし♪(あつた蓬莱軒の)」 ※1オクターブ高い声で

…マダムなら云いかねないと思ったところで妄想終了。
うむ、言葉が通じなくて良かったのかもしれない。


「しら河」で勘弁してもらいたい飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

2014年産卵(1回目) 

▼6月6日(金)
水槽内に7個の卵が沈んでゐるのを発見。

140606_055517.jpg

発見が早かったのか卵は潰れておらず完全な形。
水が汚れなかったので処理も簡単だ。
とは云え土中産卵が間に合わず、可哀想なことをした。

140606_060105.jpg
総重量:84g

そうちゃんの気分としてはまだまだ産卵中だったらしく
抱き上げてはなれに移した後も
後ろ足でエア埋め戻しを続行。

140606_060141.jpg

ぎゅっぎゅっと力を込める後ろ足にキュンとくる。
こんな時はあまりいじってはいけないと
餌も体重測定も翌日に延期。

▼翌6月7日(土)
崩れた卵の殻を発見(約1個分?)。
先日産んだ7個の他にもまだお腹に残ってゐたらしい。
これは発見が遅れたためそうちゃんが食べてしまった。

▼そうちゃんの産後の体重:1334g(産卵前比 ‐88g)
ほぼ卵の目方の減。
1300gを切らなかったのは流石マダム。
去年はごっそり減ってビビったものだ。
体重測定後はペレットを50粒と、川エビ7匹を食べる。
今日は曇天の為、モリ食いはまだしたくないらしい。
給餌量は相変わらず不安定。

▼おまけ写真:
140604_060120.jpg
6月4日、穴掘り中の泥んこそうちゃん。
右の鼻の穴に泥が詰ってゐる。
「一生懸命」ってこう云うことなんだなぁと思った。


産後の肥立ちチェックに
まだまだ気が抜けない飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

▼今回の絶食期間メモ
5/28(水)~6/6(金) 10日間

カテゴリ: そうちゃん産卵

[edit]

△page top

備忘録:2014年5月 

▼2014年5月の備忘録。
かめめくりに応募したり、ムラ食いに翻弄されたり、
ひたすらウンコチェックに勤しんだり、
急に暑くなったり、脱出イリュージョンに挑戦したり、
産卵行動が始まったりと忙しい5月だった。

とは云え産卵に関しては去年の記録があるので、
今年との比較も容易だ。
去年も6月に産卵してゐるので、
今年のジタジタ開始も妥当な時期と云えよう。
こんな時期は特に飼育記録の大切さに気付かされる。
ちょっとしたメモでも、データはデータ。
蓄積すればそう子理解も深まる。

ま、欲を云えば
もう少しまとめる力が欲しいのだが…。
給餌量、排泄物、怪我、その日の気温等を書き込む
フォーマット用紙の製作も考えたが
いかんせん、その時間がない。
嗚呼、憧れるよ「そうちゃんカルテ」。
今はこれが精一杯。

▼つーことで備忘録:5月
毎月恒例の給餌メモまとめ。

 1(木)…ペレット200粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 2(金)…朝・ペレット200粒。
      夕方、餌を欲しがったため150粒与える。(備考:フン△)
 3(土)…ペレット30粒。

 4(日)…ペレット30粒。川エビ4匹。
 5(月)…ペレット100粒。川エビ6匹。(備考:フン◎)
 6(火)…ペレット100粒。川エビ8匹、マグロの刺身2切。
      (備考:フン○)
 7(水)…餌食べず。(備考:フン朝○・夕△)
 8(木)…マグロのたたき2切れ、川エビ1匹。(備考:フン○)
 9(金)…川エビ2匹。(備考:フン△)
      ペレットは無視するも、川エビは食べるため偏食の可能性も。
 10(土)…ペレット、川エビも受け付けず。

 11(日)…ペレット3粒、川エビ1匹。
       食べたくて食べたのではなく、偶然口に入った。
 12(月)…ペレット200粒、川エビ4匹。(備考:フン△)
 13(火)…ペレット150粒、川エビ4匹。(備考:フン×。蒸し暑い日)
 14(水)…ペレット250粒、川エビ8匹、マグロの刺身2切れ。
       (備考:フン×)
 15(木)…ペレット50粒、川エビ6匹。(備考:やっとこさフン○)
 16(金)…ペレット80粒、川エビ4匹。(備考:フン○。薄黄色)
 17(土)…ペレット200粒、川エビ5匹。(備考:フン○。薄黄色)

 18(日)…ペレット100粒、川エビ7匹。
       (備考:フン○。薄黄色はペレット由来のようだ)
 19(月)…ペレット200粒、川エビ7匹。(備考:フン◎)
 20(火)…ペレット100粒、川エビ8匹。(備考:フン○。曇天)
 21(水)…ペレット100粒、まぐろの刺身2切れ。(備考:フン◎。雨天)
 22(木)…ほとんど食べず。(備考:フン○)
 23(金)…ペレット150粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 24(土)…ほとんど食べず。(備考:フン○)

 25(日)…ペレット280粒、川エビ7匹。(備考:フン△)
 26(月)…ほとんど食べず。(備考:フン○。雨天)
 27(火)…ペレット250粒、川エビ8匹。(備考:フン○)
 28(水)~31(土)…ほとんど食べず。
       (備考:フンはモロモロのをしてゐる)
※ペレットの個数は概算。

▼体重:
17(土) 1405g(冬眠明け比 +100g)
31(土) 1422g(前回比 +17g)

因みに今日も絶食&庭散歩。
顔を泥まみれにして穴を掘るそうちゃんを
ただただ見守る飼い主。
一時間もしゃがんてゐると足が痺れて大変なのだが
これもそう子のためだよなぁ。


そうちゃんと暮らして気が長くなった飼い主、
今月も地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

※庭でしゃがみ過ぎて痺れが来たとき、
ちょっと「蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン)」を思い出したよ賢治先生(笑)

カテゴリ: 餌・体重記録(2014)

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。