07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

備忘録:2014年8月  

▼2014年8月の備忘録@給餌メモ

とにかく変な天気。去年の猛暑とは打って変わって
大雨、曇りの日と夏の日差しはあまり多くなかった。
冬眠に備えるそうちゃんの身体が心配だ。

1(金)…特大粒100粒。
2(土)…特大粒70粒。川エビ10匹。砂肝2片。(備考:フン◎)

3(日)…特大粒130粒。川エビは残す。(備考:フン◎)
4(月)…特大粒75粒。
5(火)…特大粒110粒。
     (備考:フン◎。右足のかかとに傷発見。)
6(水)…特大粒120粒。川エビ20匹。
     (備考:フン◎。左後足のかかとのうろこもはがれている。要観察)
7(木)…特大粒130粒。(備考:フン○)
8(金)…特大粒90粒。(備考:フン○)
9(土)…特大粒100粒。(備考:フン○)

10(日)…特大粒100粒。
11(月)…特大粒100粒。
12(火)…特大粒100粒。
13(水)…特大粒90粒、川エビ10匹(体重:1406g)
14(木)…特大粒130粒。(備考:フン◎)
15(金)…特大粒110粒。
16(土)…特大粒100粒。

17(日)…特大粒70粒、砂肝1かけ。
18(月)…特大粒100粒。
19(火)…特大粒90粒、川エビ20匹。
20(水)…特大粒110粒。
21(木)…特大粒100粒。(備考:卵1個産卵)
22(金)…特大粒80粒。(備考:フン◎)
23(土)…特大粒110粒。(備考:フン○)

24(日)…特大粒100粒。
25(月)…特大粒100粒。
26(火)…特大粒70粒。
27(水)…特大粒120粒。
28(木)…特大粒70粒。
29(金)…特大粒90粒。
30(土)…特大粒75粒。(備考:フン◎ 体重:1405g)

31(日)…特大粒90粒。

▼産卵記録
6月6日…完全な形のを7個。84g。
  7日…崩れた殻が約1つ分。
7月5日…水槽内に11~12個分の卵と殻。
  26日…水槽内に6個程度の殻。
8月21日…水槽内に潰れた殻約1個分。

合計:約26~28個


8月の終わりに気合を入れなおす飼い主、今月も地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

▼以下余談:ちょっとした、でも大きな慰め
…長いので追記に収納
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 餌・体重記録(2014)

[edit]

△page top

そして8月が終わる 

▼今週の給餌メモ

24(日)…特大粒100粒。
25(月)…特大粒100粒。
26(火)…特大粒70粒。
27(水)…特大粒120粒。
28(木)…特大粒70粒。
29(金)…特大粒90粒。
30(土)…特大粒75粒。(備考:フン◎ 体重:1405g)

▼気が付けば8月も明日でラスト。
宿題は大丈夫かね、学生諸君。←自分は棚上げ。イイ気なもんである。

かく云うわたくしも今年の夏は多忙で、
あんまりそうちゃんを構ってやれなかった。
(そうちゃんがわたくしに構ってもらいたいかは別として)

140826_070759.jpg
「なんでホテイ草があるの?」 ※1オクターブ高い声で

バッチャン失踪後、ホテイ草が巻き返しをかけてか大繁茂。
食べないと知りつつ、そう子と同居中…。
食べて欲しいなぁ。なぁ。

▼こうして、何だかんだでSeason21も終盤になってしまった。
今回は新しい陸場を導入したわけだが、
案の定、先代の太鼓橋と違い人工芝では爪が擦り減らないことが判明。
特に後足の爪が伸びてしまった。

140830_090427.jpg
ジャキーン

この足で蹴られると痛い。

※参考:去年の後足
2013083101.jpg
まだ可愛げのある爪。
ブロックを登るのにかなりの力が必要なのだらうか?


かと云って爪切りで切るわけにもいかず。
うーん、
スロープに貼り付け可能なテラコッタのタイルか何か無いものか…。


悩みは尽きない飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

▼おまけ:今年はKenji祭りもやってゐる暇はなく
140830_094823.jpg
企画倒れのイメージイラスト下絵:ポラーノの広場

そのくせ、古書店で掘り出し物発見!
セロ弾きのゴーシュ (画本宮沢賢治)セロ弾きのゴーシュ (画本宮沢賢治)
(1986/07)
宮沢 賢治

商品詳細を見る

今では廃版になってしまった小林敏也氏の画本。
(絵本でなく画本だぜ?)
古書なので多少傷んでゐるのだが、
書架で見つけた瞬間、店内の人間が全て敵に見えたのは内緒。
表紙だけじゃよくわからないが、中身がスゴイ。
因みに、各出版社発行の賢治童話の挿絵がどうも好きになれず
自分で描き始めた直後に小林敏也氏の絵に出会い、
絵を描くのを辞めたのは良い思い出だ。
「シャッポを脱ぐ」ってかふいふことなんだなぁ…と。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

幸福な日常 

▼オヴォンが明けて、再び怒涛の激務の日々。
あまりの疲労にTWSが発症しそうな勢いなのだが、
「平成26年8月豪雨」の被害のすさまじさを見て
そんな不平なんぞ吹っ飛んでしまった。
文句を言いながらも日常があること…これは当たり前じゃないんだ。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

▼本日、こちらも朝から激しい雨。
雷雨と晴天が交互にやって来るような天気で
そうちゃんの世話も雨が止んでゐる隙にしてきた。
テラスはひさしがあるので
雨水が直接水槽に流れ込むことはないのだが、
そうちゃんの無事な姿にホッと一安心。

餌の後は晴れ間を狙って甲羅干し。
140823_093034.jpg

こんなそうちゃんだが、今週は21日(木)に…

140821_071045.jpg
もやーん

突然卵を産んだ。

140821_071138.jpg
多分1個だけ。

予兆もなく産んだので、飼い主ビックリ。
ジタジタコが治ってなかったのはこのせいだったのか。
ともあれ、卵がお腹に詰まってなくて良かった。
今日は餌の食べ方も快調。フンも絶好調だ。

140822_071625.jpg
「ごはん?」 ※1オクターブ高い声で

毎朝陸場の下から出すこの顔に、飼い主は幸せを感じる。

▼そして今朝のバッチャン
140823_091345.jpg
脱皮殻を残し行方不明…。

140822_070420.jpg
22日、最後に撮影したバッチャン。

アイツ、姿が見えないなーと思うと
葉っぱの後ろからワタワタ出てきたり、
毎日写真撮ってたから、結構面白かったんだ。
何だかんだでここに棲みついて10日以上経ってたし、
迷い込んできた時よりも肥えたなー
そろそろ脱皮して、成虫になるんだらうなー。
成虫になったら翅が生えて、
パートナーを探しに遠くへ行くんだらうな…って。

…。


…べ、別に寂しくなんかないんだからね!な飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。
あんな厚かましいだけの居候バッタ、
脱皮直後の身体が柔らかい時に
他の生き物に食べられちゃったんじゃないかとか
心配なんかしてないんだからねッ!


140818_070833.jpg
「私がゐるじゃなーい」 ※1オクターブ高い声で
餌が足りない時、そう子は口を半開きでアピール(怖)


▼おまけ:お馴染み今週の給餌メモ

16(土)…特大粒100粒。
17(日)…特大粒70粒、砂肝1かけ。

18(月)…特大粒100粒。
19(火)…特大粒90粒、川エビ20匹。
20(水)…特大粒110粒。
21(木)…特大粒100粒。(備考:卵1個産卵)
22(金)…特大粒80粒。(備考:フン◎)
23(土)…特大粒110粒。(備考:フン○)

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

「お」そう子 

▼今日のバッチャン
140817_085346.jpg
ちょっとホテイ草が心配になってきた。

▼本題。いよいよオヴォン休みも最終日。
今年のオヴォンは飼い主がバタバタで、おまけにバッタまで加わり、
そうちゃんに良い思いをさせてなかったな…と反省。
せめてもの罪滅ぼしに、お楽しみ食をご用意させて頂いた。

140817_085226.jpg
例によって砂肝。飼い主の晩御飯のおかず。
高タンパクで低脂質、低カロリー。
とは云えそう子の身体を考えて少な目に。

お楽しみ食の時は、生き生きとしたそうちゃんと触れ合えるチャンス。
指を噛まれないように爪楊枝でお給仕。

140817_085621.jpg
はい、どーぞ。

…以下、目の色が変わったそうちゃんをご覧頂きたい。

140817_085647.jpg
「あら、砂肝じゃないの!あーん♪」 ※1オクターブ高い声で

140817_085707.jpg
「もう一個あーん」 ※1オクターブ高い声で

写真はあくまでも静止画だがこの「あーん」の直後、
そう子は光の速さで砂肝をくわえて水に戻り
ガツガツと食べると再び浮上。
私がうまく楊枝に刺せないでゐると、催促してくる↓

140817_085717.jpg
「次、次は?次の早く早く」 ※1オクターブ高い声で
迫り来るそう子。


140817_085730.jpg
「はい来たあーん♪」 ※1オクターブ高い声で
何かもう怖い。首の角度変えながら来るんだよ、この子。(ぼそ)


勢い余って楊枝を口の中に刺してしまいそうで
飼い主は戦々恐々。

この、夏場のガツガツしたそう子を
「お」そう子(※襲う子)と呼ぶ。
※「With そうちゃん用語集」より

140817_085857.jpg

こんな顔を見てゐると
「砂肝キャンペーンガール」になれないかとか
余計なことを考えてしまふ。


そうちゃんの肉食を助長させてゐる飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

※ちなみにこの後、ペレット特大粒を70粒程食べた。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

かかとのジタジタコ 

▼唐突だが、先日の記事に誤りがあった。

誤りと云うのは…この一文↓

「尚、かかとの傷は治ってゐる。
そう子の回復力は、毎度の事ながらすごいと思う。」

(先日の記事から引用)

今日見たら、まだ治ってなかった↓
140816_081553.jpg
※左後足(右足にもある)
なかなか見せてくれない部位でもあるのだが…。

これは産卵期のジタジタの際、
たらいの底をホリホリし過ぎてこさえた傷らしい。
※通称:ジタジタコ
最初は小さなタコのような傷だが、
あまりにもジタジタし過ぎるとかかとの皮膚が摩擦で剥げてしまい
鱗が取れたようになって痛々しい。
おまけに薬を塗ろうにもすぐに引っ込めてしまうので手出しできず、
ケアもなかなかうまくいかない…。

とにかく水を清潔に、餌はたっぷり、日光浴はしっかりの三本仕立てで
そう子自身の回復力にかけてゐる。
こういう意味でも土を掘らせてやるのは大切だと思う。

尚、そうちゃん自身は至って元気。
朝のうちに甲羅干しをし、昼の暑いさなかは水に戻って昼寝。
お通じもいい感じだ。

140816_081843.jpg
「お日様すきだ かめなんだ♪
消化促進 してるんだ♪」 ※1オクターブ高い声で

獅子駆ける8月とは云え、冬はすぐやって来る。
冬眠に向けて健康管理をしなければ…。

▼ああ、そうだ。
今日のバッチャン(と、ボコボコにされたホテイ草)
140816_075652.jpg
朝は葉っぱの上にゐるが、昼間は隠れてゐる。
ちなみに、ホテイ草も食べられてはゐるのだが
ものすごい勢いで根を伸ばし、新芽を増やしてゐる。
そんな自然界の攻防を、バケツの中で見る。


母屋の水替え時にバッチャンに遠慮するあまり
バケツを持ったまま転倒しかけた飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。
…危ない危ない。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

ホテイ草、その後 

▼今朝、そうちゃんの世話をしてゐたら
テラスを歩いてゐたハサミムシのbabyが手の上に這い登ってきた。

ハサミムシのお母さんは産卵後、孵化までかいがいしく卵の世話をし、
卵が孵った暁には、我が子の最初の食事として自分を与えて死んでいく。
指の上をちょろちょろ歩くハサミムシのbabyの向うに
永く永く繰り返されるハサミムシのお母さん達の営みが見えた気がして、
プランターの花の上にそっと下ろしてやった。

本日、終戦記念日。人命の尊さは無論だが、
人間の愚かさに巻き込まれて命を落とした
小さき者たちの為にも平和を感謝する。

※参考文献:
ハサミムシのおやこ (ふしぎいっぱい写真絵本)ハサミムシのおやこ (ふしぎいっぱい写真絵本)
(2008/05)
皆越 ようせい

商品詳細を見る

子供向けの絵本だが、美しく迫力のある写真と
愛情深いハサミムシのお母さんの最期に、不覚にも泣いた。


▼今週の給餌メモ

10(日)…特大粒100粒。
11(月)…特大粒100粒。
12(火)…特大粒100粒。
13(水)…特大粒90粒、川エビ10匹。
      (備考:体重測定 1406g。順調に肥えてゐる)
14(木)…特大粒130粒。(備考:フン◎)
15(金)…特大粒110粒。

産卵後の爆食期と云ったところ。
これからは冬眠に向けて身体を充実させてほしい。
尚、かかとの傷は治ってゐる。
そう子の回復力は、毎度の事ながらすごいと思う。

▼サテ、先日撮影用小道具として入手し、
期待空しくそう子に食い散らされたホテイ草↓のその後。
140729_111225.jpg
7月29日 購入当初。まだ美しさを保ってゐる。

140802_074654.jpg
8月2日 そう子に齧られて可哀想なことに。
ここで汲み置きバケツに一時避難。

その後、そう子はホテイ草を食い散らすだけで食べてゐないことが判明し、
おやつとして与えることを断念。
そうこうするうちに台風が来て…とバタバタするうちに
ちょっと放置気味になってしまったホテイ草。

そして、台風一過の8月11日
140811_091407.jpg
どこからかショウリョウバッタが来た。

更に同月12日
140812_060429.jpg
まだゐる。

同じく13日
140813_071409.jpg
水替えのため、ホテイ草を動かしても逃げようとしない。

14日
140814_071645.jpg

本日は15日
140815_093804.jpg
もはや我が物顔。

毎日食べられてゆくホテイ草(新芽も)。
その分デカくなってゆくバッタ(態度も)。
こうして、テラスに新たな住人が加わることになってしまった。

命名:正規のバッタもん(通称:バッチャン)
…若いけどバッチャン。

▼不服な子が一名↓
140813_071655.jpg
「えー、このバッタ、私へのお中元じゃないの?」 ※1オクターブ高い声で

…いや、飼い主は典型的「窮鳥入懐」なのだ。
それにしても近いな、そうちゃん。


毎朝のそう子の世話に加え
バッチャンチェックが日課になってしまった飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

女子カメと女子カメラマン 【第3話・最終回】ロープーの神技  

▼先月は31日…
激アツの昼下がりにロープーカメラマンさんは来てくれた。
その後、軽い打ち合わせを経て撮影へ。

今回の撮影での最大の懸念は
そうちゃんが見慣れないカメラマンさんに驚いて
甲羅に立て籠もることに加え、激怒ッ屁をかまさないかと云う点。
かまされたが最後、ジャーマネもロープーもダウンだ。

▼しかし、それは杞憂だったらしく
そうちゃんはカメラにも怯えることなく、むしろ元気に暴れてくれた。
とは云え庭を歩かせるには流石に暑過ぎたので、
テラスに置いたはなれ(エサやり用のたらい)に入れての撮影。
ロケ地は生活感満載の庭先だったのだが、こんな素敵な写真が出来上がってきた。

IMG_7204-.jpg
なにこれかっわ…!
もうね、アゴの皮がくにっとなって二重アゴになってるとこね、
可愛すぎでしょ。この子どこのカメよ。


…とまぁ、初対面(しかもカメの撮影経験無)とは思えない腕前。
カメ好きのツボを打ち抜く構図。
同じカメを毎日見てゐるのに、初めて見るような新鮮さ。
このままポストカードいけるっしょ。

そしてロープーは軽快に話しながら、次々とそう子をカメラに収めてゆく。
ピント合わせが難しいとか何とか云ってゐたのに、この仕上がり。

IMG_7025-.jpg
魅惑の笑み。こーゆーのを「かめめくり」に出したかった…!

IMG_7151-.jpg
飼い主とそう子。
撮影中は時折ペレットを与えながら、良さげな角度に誘導(笑)


IMG_7334-.jpg
そしてペレットを食べる瞬間のミサイルそう子。
「大気圏突入!」って勢いで、口を開けたまま突っ込んでくるんだなぁ(怖)


「すげー…」と思う間に小一時間が過ぎ、
そう子の負担も考えて撮影終了。

IMG_7442-.jpg
お疲れ様でした。

▼今回、撮影日ギリギリまで何かしらのアクシデントに見舞われたが
結果的には顔の傷も完治してゐたし、産卵も終わった後だったので
本当にいいタイミングだったと思う。
そしてロープーはペットカメラマンになっても良いと思う…と
勝手なことを思いつつ、今更ながら彼女の神技に舌を巻くジャーマネだった。


 ― 完 ―


全部は紹介しきれなかったが
手元のそうちゃん画像にウハウハの飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

▼おまけ:万華鏡越しのそうちゃん
IMG_7271-.jpg
なかなか面白い1枚。ロープーのセンスと遊び心が光る。

▼私信:カメラマンさんへ
この度は本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
飼い主のくせに、今回の写真で改めてそうちゃんの魅力に気づかされました。
次回、機会があれば是非またお願いします。

カテゴリ: その他・お知らせ・小ネタ

[edit]

△page top

遂に発病(飼い主が) 

▼…当ブログを閲覧中の皆様。こんにちは。
「そうちゃんの飼い主@名前はまだない」です。

今回このような記事タイトルを掲げ、
皆様に心配をおかけするのではと思いつつ、
でも「なっちまった」ものは仕方がないので、ここに告白いたします。

飼い主、「TWS(突発性悪ノリ症候群)」発症。

▼単簡(夏目漱石風【簡単】)にご説明致しますと
飼い主は、仕事等で疲労状態に陥ると

140808_185150.jpg
まずは手羽先が2本食べたくなり、
(全部は食べない。これ大事)

それでも耐えられないと
職場の自販機で「リアルゴールド(Sサイズ)」を飲み、
(普段は飲まない。これ大事)

そして更に限界が来ると…
2014080901.gif
変な漫画を描く。
タイトル:「カメあるある ~アゴ打ち~」

そう、先日からお盆前故の多忙が過ぎて
遂にこのレベルにまで達してしまいました。

▼今回のテーマはこのお話↓
base01.gif

バカバカしい且つ長いので
大丈夫そうな方は追記からお付き合いください。
-- 続きを読む --

カテゴリ: TWS系ネタイラスト

[edit]

△page top

あなたはあなたのままで 

▼8月の給餌メモ

 1(金)…特大粒100粒。
 2(土)…特大粒70粒。川エビ10匹。砂肝2片。(備考:フン◎)

 3(日)…特大粒130粒。川エビは残す。(備考:フン◎)
 4(月)…特大粒75粒。
 5(火)…特大粒110粒。
      (備考:フン◎。右足のかかとに傷発見。)
 6(水)…特大粒120粒。川エビ20匹。
      (備考:フン◎。左後足のかかとのうろこもはがれている。要観察)
 7(木)…特大粒130粒。(備考:フン○)
 8(金)…特大粒90粒。(備考:フン○)
 9(土)…特大粒100粒。(備考:フン○)

前回の記事で、そうちゃんがホテイ草を齧ったことをお伝えした。

140802_074654.jpg
↑齧られたホテイ草。

とは云え、「齧る」と「食べる」は似て非なるもの。
そこで、飼い主はひたすら「ホテイ草unco」を求め
来る日も来る日もそうちゃんのウンコチェックをしてゐたのだが、
一向に「それっぽい」ブツは出てこなかった…。

こうして過ぎること一週間。
このまま待ってゐても仕方がないので、はなれにホテイ草投入。
そうなのだ。食べるところを見られれば、それで良いのだ。

写真は撮れなかったが、飼い主の見守る中
そうちゃんはごく当たり前のようにホテイ草の根元に頭を突っ込み、
茎の浮き袋部分を一口齧り取った。
ホテイ草が「Σ いだっ」って云ったのが聞こえた。

「やった!」と思ったその刹那…

140807_072225.jpg
ぺっ ↑吐き散らされた一口サイズホテイ草

「ぺっ」って…。

結論:ホテイ草もNo thank you

飼育書なんかにはペレットばかり食べていると
他のエサを受け付けなくなると書いてあったが、
(特に大人のカメは食べ物に対して保守的)
これはそうちゃんが正に証明してゐるように思う。
成熟による菜食化<日常的保守性(肉もの除く)

まぁ、無理やり菜食にせずとも、ペレット飼育で特に問題はないのだが
そうちゃんの世界を狭くしてしまったような気がして胸が痛い。

140807_072302.jpg
そして齧られ損のホテイ草。ごめんよ。


責任を感じる飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

そうさ、悪いのは全部わたくしさ…。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

暑さのせいです… 

▼気が付けば8月。
太陽の熱を感じ
地軸の傾きを感じ
時の流れを否応なく感じる…8月。
…あっちーな、くっそー(暴言)

こんなに暑いのは、
シリウスが太陽と一緒に空を巡るからなんだよ。
…って騙されねーぞ、くっそー。

暑いと電波にもロマンがなくなるんだなぁ…。
そんな激アツNシティの夏。
くそッ!「ファーブル昆虫記」読みてぇ! ※錯乱中

▼…サテ、そんなこんなで今朝のお楽しみ食。

140802_073554.jpg
砂肝。

無論、ものすごい速さで完食。
前回のブドウもこんな勢いで食べて欲しいのだが…嗚呼。

そんなブレない肉食女子そうちゃんなのだが、

140802_073720.jpg
「オハヨー♪」 ※1オクターブ高い声で

今朝方、水槽に入れておいた
前日の撮影小道具ことホテイ草が…

140802_074654.jpg
派手に食いちぎられてゐるのを発見。

140802_073744.jpg
「あ、これ?なンかプカプカしてたから齧っちゃった」 ※1オクターブ高い声で

これは…期待していいのだらうか。
(そして谷崎節…ちょっとそう子にナオミを感じるンだ)
とりあえず明日以降のブツを待つ


去年と比べ、極端に更新が減ったことに気付いた飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

いや、その分内容は濃厚に…なってねぇえ!(泣)

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

備忘録:2014年7月 

▼2014年7月の備忘録。
140702_055346.jpg
今月の教訓:「掘れば産むと云う訳ではない」

7月は猛暑、産卵、激務、写真撮影の4本仕立てで
そうちゃんも飼い主も大忙しの一か月だった。
とは云え元々女子カメにとって7月は忙しい月間だと思ふ。
こうして駆け抜けたJulyの熱き輝きの日々。
願わくば8月は少し落ち着いて、冬に備えてもらいたいものだ。

▼毎度お馴染み、2014年7月の給餌メモ。

6/25(水)~7/4(金)…抱卵の為絶食。 

 3(木)…体重測定:1333g
 5(土)…水槽内に11~12個分の卵と殻発見。
       ペレット200粒、川エビ10匹。体重測定:1303g

 6(日)…ペレット30粒、川エビ8匹。
 7(月)…ペレット10粒、川エビ8匹。
      (備考:まだお腹が落ち着かないのか、食べ方にムラ有)
 8(火)…ペレット150粒、川エビ5匹。
 9(水)…ペレット250粒、川エビ10匹+マグロの刺身2切れ。
 10(木)…ペレット150粒、川エビ10匹。
 11(金)…ペレット350粒、川エビ8匹。
 12(土)…ペレット600粒、川エビ8匹。

 13(日)…ペレット350粒、特大粒40粒。(備考:フン○)
 14(月)…ペレット350粒、特大粒40粒。(備考:フン○)
※ここで中粒ペレットを完食したため、以降特大粒のみの給餌に。
 15(火)…ペレット特大粒100粒、川エビ8匹。(備考:フン○)
 16(水)…ペレット特大粒75粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
 17(木)…ペレット特大粒20粒、川エビ1匹。
 18(金)…食べず。(3回目の抱卵の疑い)

 19~25(金)…絶食でジタジタ。
 26(土)…産卵後、特大粒20粒を食べる。

 27(日)…特大粒90粒。体重:1300g
 28(月)…特大粒120粒。川エビ20匹。おやつに砂肝1片。
 29(火)…特大粒90粒。川エビ10匹。
 30(水)…特大粒110粒。川エビ10匹。
       (備考:おやつにデラブドウ3粒⇒全てNo thank you)
       …甘くてうまかったのによ。
 31(木)…ペレット特大粒110粒、川エビ10匹。(備考:フン○)
       (備考:体重測定をしたかったのだが、謎の大暴れで断念)
       写真撮影時のご褒美に
       ペレット特大粒20粒、川エビ10匹ほど与える。

▼産卵記録
6月6日…完全な形のを7個。84g。
  7日…崩れた殻が約1つ分。
7月5日…水槽内に11~12個分の卵と殻。
  26日…水槽内に6個程度の殻。
合計:約25~27個

今年は土での産卵が間に合わず、可哀想だ。


気付けばシーズンを折り返した飼い主、今月も地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。


▼おまけ:写真撮影無事終了。

ぷかー。
140729_111225.jpg
↑水辺宮そう子様へのお中元兼撮影用小道具。
兼、あわよくば菜食への第一歩(欲深)

昼下がりのクソ熱い中、往年の大御所女優を前にロープーの腕が光る!
そんな感じの撮影現場だった。
(ジャーマネは餌持ってウロウロしてただけ)
そう子も特にカメラを怖がることなく
むしろ勝手気ままに暴れていたのでホッとした。

詳細と仕上がりは…乞うご期待(笑)

▼更におまけ:ロープーのお土産。
140731_152602.jpg
「万年亀」…わかってらっしゃる(笑)

140731_200347.jpg
腹甲(左)と背甲(右)で模様が違うのが芸コマ。

カテゴリ: 餌・体重記録(2014)

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。