12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

こんな暮らしが、冬眠生活。 

touminn.jpg

▼まだまだ冬眠中のそうちゃん。
この4月にそうちゃんが無事目覚めたら、わたくしは彼女と22年目を迎える。

…こう書いてしまうと、何だかベテラン臭い感じがするが
そうちゃんは冬眠個体故に
毎年11月~翌4月迄は世話を殆どしてゐないため
所謂「ペット」を飼ってゐるという実感は薄い。
保温越冬個体を飼われてゐる方のほうが親密さは高いだろうし、
カメ自身も飼い主さんに慣れてゐると思う。

こう云っちゃナンだが、わたくしにとってそうちゃんとは
「ペット」「動物」と云うよりも「命を秘めた漬物石」なのだ。
冬場の半年間は水底の石のように眠り、
その代り夏場は産卵期もあるため超活動的で
飼い主もここぞとばかりに毎朝水替えしたり、好物を与えたりと
半年ごとのメリハリが効いた生き物に「寄り添って」暮らしてゐる。
そしてわたくしは、この暮らしがとても好きだ。

けれども、この日々をわたくしがあらかじめ知ったうえで
そうちゃんを購入し、今に至るのかと云えば、そうではない。
残念ながらそうちゃん購入当時わたくしの飼育知識は無に等しく、
おまけに家庭用の飼育設備も乏しい上に
インターネットも今日ほどに普及してゐなかったこともあり、
頼りとすべき爬虫類の飼育書も動物園級の超専門的なものか、
はたまた「洗面器にレンガ、餌は米粒やハム」的なかなりいい加減なものか
その2種類しかなかったと云わざるを得ない。

だからこそ、このブログでもありのままのカメ飼育をお見せできたらと思うし
(『ホントに半年何もしてないんだな、この飼い主』と思われても本望だ)
知識を提供することで、ペットショップでの衝動買いの抑制になればとも思う。

そして繰り返すが
この生活が、わたくしはとても好きなのだ。

141101_110405.jpg
「もうちょっと待っててね♪」 ※1オクターブ高い声で


あと3か月はすることがない飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。
スポンサーサイト

カテゴリ: その他・お知らせ・小ネタ

[edit]

△page top

そう子かわいや かわいやそう子 

touminn.jpg

▼只今絶賛冬眠中の我が家のクサガメ・そう子。
飼い主の寂しさに比例して、記事内容も寂しいのはお許し願いたい。
今年からは毎日めくる「かめめくり」がこの季節の飼い主の慰めだ。
嗚呼、カメかわいや。

さて、先日ロープーと「ヤバマックス」の罪滅ぼしに「ベイマックス」を見に行った。
本編内容はネタばれちゃうと申し訳ないのでここでは触れないが、
開始前に流れた「ミュータント・タートルズ」の予告にポカーン。
何かもう、あれはカメでもニンジャでもないと思ふ。

だってあいつらピザ喰う上に
武装して直立歩行してるんだぜ?
そんなむくつけきカメが4匹もいるんだぜ?
しかも公式じゃ「4人」って云ってるんだぜ?
身長180㎝だぜ?脚長いぜ?


あいつらの前では乙姫なんて可愛いじゃないか。
そんなカルチャーショック。
そしてわたくしはあの映画を見に行くのだらうか。

▼まぁ、そんな話題はさて置き今回はリクエストを頂いたこともあり、
去年の記事に使わなかったそう子の写真を掘り返してみた。
以下、個人的なのろけ記事になるが、そこはお許し頂きたい(2回目)

▼個人的に気に入ってゐる1枚
140608_082523_20150112090152db1.jpg
夏場の散歩中。
短い足でどんどん進む丸っこい物体を見送る。

▼可愛いなーと思う瞬間
141101_110058.jpg
首をかしげてこっちを見つめる顔。
これも、そう子が人に慣れてゐるからできるんだろうなぁ。

▼ユーモラスな脚
140907_093225.jpg
顔もさることながら、カメは脚の表情が豊か。
だらーんとしてたり、妙に正座っぽかったり。

▼本領発揮
140824_082408.jpg
ものすごいそう子。
このがつがつ顔、早く見たいものだ。



そう子が恋しい飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: そうちゃん思い出

[edit]

△page top

9週目の生存確認 ― 桜のアク ― 

touminn.jpg

▼当ブログの主役・そう子こと宗一郎が冬眠ケース入りして、
今日で9週と2日(つまり65日目)。
そんな長い期間、おまけに壮絶寒い今年の冬を
そう子は桜の葉っぱの中でひたすら耐えてくれてゐる。
それがクサガメと云う生き物が持って生まれた能力だと
わかっちゃゐるものの、その生命力に畏敬の念すら起こる。

春が来るまでメシも喰わず、呼吸も最小限で眠るそう子。
動物と云うよりは、今はむしろ鉱物に近いそう子。
命を秘めた漬物石、そう子。嗚呼。
…わたくしもその生命力を信じ、意を決してケースの中に腕を突っ込んだ。

▼結果は毎度の「生きてゐる」と云うことなのだが、
桜の落ち葉水が前回確認時よりも更にものすごい茶色で
おまけに水面にべったりとワセリン状の油膜がはってゐた。
前回「有機的なクレヨンのような松脂のようなモッチリした香り」
と形容した例の臭いの正体は、多分この油のようなもの。

そう云えば、桜の幹からコテコテした樹液がわいてゐるのは
子供の頃から何度も見てゐる。
葉っぱにも樹液が流れてゐるかまではわからないが
ひょっとするとこれが俗に云う「アク」なのかもしれない。
だからと云って今更全ての水を入れ替える方がリスクが高いし
皮膚呼吸を妨げることにならない限り、
逆にそう子の皮膚が滑らかになって良いかも…と思ったため、
表面のアクだけすくって再び収納。
桜の美容効果、あると良いんだけどなぁ。



そう子の鼻先をそっと眺めた飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

備忘録:2014年12月 

touminn.jpg

▼2015年最初の更新記事が2014年12月の備忘録。
いや、怠けてゐるわけではないのだ…。

▼冬眠開始日 11/8(土)体重:1404g

以降、12/1(月)~31(水)…冬眠中。

生存確認は一昨年は2週に一回の頻度だったが、
ケースの老朽化と今冬の寒さの厳しさに加え、
「せっかく冬眠してゐるそうちゃんを
無理に引っ張り出すのは良くないのでは?」と云う気持ちもあり
気にはかかるものの、月1くらいに減らしてみることに。
取り敢えず、1月中に一度は見ておきたいと思ってゐる。

※2014年の11~12月は、2013年の同時期と比べてかなり寒い。
N尾平野に積雪20㎝代なんて、もはや天変地異。
通勤時に3回コケそうになって、懲りて簡易アイゼン購入した。
一昨年は下駄箱下に収納した後もしばらくの間は
ケースの中でそう子がカサコソ動く音がして心配だったのに、
去年は速攻で静まってしまった。


▼2014年の産卵記録
6月6日…完全な形のを7個。84g。
  7日…崩れた殻が約1つ分。
7月5日…水槽内に11~12個分の卵と殻。
  26日…水槽内に6個程度の殻。
8月21日…水槽内に潰れた殻約1個分。

合計:約26~28個


仕事始めに入りもしない気合を入れる飼い主、今月も地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
奥深きカメブログの世界へ。

…ベイマックス鑑賞に誘ってくれたロープーが今年の暫定MVP(早すぎ)。

カテゴリ: 餌・体重記録(2014)

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。