08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

Say cheese! @2015 

▼気が付けばモズとキンモクセイの秋。
冬眠準備期間突入も時間の問題となってゐる。
と云ふことで、先日負傷したくちばしの経過を見るべく
そうちゃんの正面顔を撮影することにした。
参考記事

カメの正面顔の撮影は結構難しい(と思ふ)。
そんな、ろくに写真技術もない飼い主が愛亀の顔を撮ろうとしてるから
その一部始終、Here we go!
↑ 元ネタわかるヒト、わたくしと握手だ。

▼甲羅干し中のまったりそう子↓
2015092602.jpg
「…ん?」 ※1オクターブ高い声で

あー、おくつろぎのところ実にどうもすまないね。
しばしそのままでゐてくれないか。

2015092605.jpg
「こう?」 ※1オクターブ高い声で

あ、いや、もうちょっとこっち向いてくれないか。

2015092601.jpg
「こう?」 ※1オクターブ高い声で

ああ、いや、アングルはバッチリなんだけどね。
ちと近すぎやしないか?

2015092603.jpg
「…んー、こう?」 ※1オクターブ高い声で

甲羅干し中だと顔がカサついてわかりにくいなぁ…。
※はなれにドボーン

2015092604.jpg
「これでどうよ?」 ※1オクターブ高い声で

ハートはクッキリ撮れたがなぁ…。

▼総括:カメの正面顔は難しい。
…写真からは全く伝わらないが、くちばしの経過は良好だと思ふ。
今回はそれだけが救い。



途方に暮れる飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
愛溢れるカメブログの世界へ

…これでロープーと同じ学舎にゐたなんて嘘だ(笑)

▼おまけ:本日は中秋
150927_180130.jpg
N市のお月見団子は専らこの形。
もしかして:魂
※正解:里芋
スポンサーサイト

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

平穏なmovement 

▼職場の都合上、シルバーウィークなんざ存在しないのだが
取り敢えず土日を挟んで今日まで3連休。
普段よりも時間があるので、そう子にも庭を散歩させてやった。
150921_110152.jpg

そんないつもの庭で、カナヘビの赤ちゃん発見。
150921_111134.jpg
幼い分、頭が大きく見えるのがキュート。

トカゲと混同されるけど、この子はカナヘビの子。
東京圏では絶滅危惧種になってゐると知り、驚いてゐる。
カナヘビと云えば、わたくしが子供の頃大変お世話になった存在なので
絶滅しないでほしい。

見上げる秋空、モズの高鳴きは地球のmovement。
時計屋根性ここに極まれり。
「たいくつ」は最上級の幸せだと思ふ。

▼サテ、19日(土)はロープーとナゴレプへ行った。

秋の涼しい風の中、のんびり会場へ向かったのだが
幸い矢部先生のトークショーの時間にも間に合い、
隣のスペースで展示されているシロノスリ(猛禽)が
等間隔でピーピーと合いの手を入れる中、謹聴。
生物多様性についてのお話で、
地域ごとの遺伝子の違い、クサガメ外来種説への疑問等
今回もマニアックな内容。

人間にとって良いことも悪いこともしないカメは、
経済性が無いため研究が進まない。
でも、環境破壊、密猟、外来種持ち込み…
人間サイドで散々やっておいて
ただ外来種(アカミミガメ)叩きをするのは愚かだと仰ってゐた。

※参考:スーツケースにカメ400匹 絶滅危惧、密輸未遂の疑い

▼トークショー終了後は
ムツゴロウさんを遠巻きに見ながら会場1周。
勿論カメロク屋さんの素敵アイテムも抜かりなく購入した。

150921_101355.jpg
可愛すぎるピンクッションとポチ袋。
アイテムを毎年少しずつ増やすのが楽しみ。

…後、悪ノリ購入。

150921_101444.jpg
グソクムシウインナー(ガチャガチャの景品)

…いや、真面目に生物多様性のことを考えたってば!



明日からは仕事の飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
愛溢れるカメブログの世界へ

▼おまけメモ
本日、そう子の体重測定:1441g
急に気温が下がって食欲が落ちたものの、1400g代を保ってゐる。
来月からは冬眠準備のために絶食させる予定だが、これなら大丈夫そうだ。

カテゴリ: 今日のそうちゃん

[edit]

△page top

備忘録:2015年8月 

▼今月の一枚
150830_090027.jpg
清掃のためにひっくり返した陸場の人工芝で甲羅ゴリゴリ。
前脚の踏ん張りっぷりに本気を感じる。
内股なのが女子っぽい(笑)


▼毎年の事ながら8月はドタバタ。
ストレスはあれど、TWSを発症する体力がないせいか
グミの消費量はうなぎ上り。
しまいにゃグミと一緒に頬の内側を噛んで負傷するし、
おまけにグミの表面のパウダーで唇が荒れてきた。
そうだ、9月はグミ依存禁止月間にしよう。
グミよさらば。
(チュッパチャプスグミの残りを平らげつつ)

▼2015年8月 の備忘録
※ペレットの数は概数。川エビは小粒。

8/1(土)…ペレット約90粒。川エビ15匹。
       体重測定:1379g(6/18比+15g)
       (備考:フン○、記録的激アツ)

2(日)…ペレット120粒。川エビ20匹。
     (備考:フン○。金網を上げると寄って来てくれた)
3(月)…ペレット80粒…が、途中でまとめて吐き出す。川エビ15匹。
4(火)…ペレット90粒。川エビ10匹。カツオのたたき切手大。
5(水)…ペレット120粒。川エビ15匹。(備考:フン◎)
6(木)…ペレット70粒。川エビ10匹。(備考:夕方~朝にガタゴト騒ぐ)
7(金)…ペレット100粒。川エビ10匹。(備考:フン○。騒ぐが食べる)
8(土)…ペレット140粒。川エビ10匹。(備考:フン◎)

9(日)…ペレット100粒。川エビ10匹。
10(月)…ペレット100粒。川エビ10匹。
     (備考:遊びに来たちびっ子に
         ゾウさんじょうろでシャワーしてもらったらしい。フン○)
11(火)…ペレット90粒。川エビ10匹。(備考:フン○)
12(水)…ペレット80粒。川エビ8匹。カツオのたたき切手大。
13(木)…ペレット70粒。川エビ10匹。(備考:フン◎)
14(金)…ペレット90粒。川エビ10匹。
15(土)…ペレット110粒。川エビ10匹。

16(日)…ペレット70粒。川エビ10匹。
17(月)…ペレット70粒。川エビ10匹。
     (備考:フン×。大雨にビビってゐるのか?)
18(火)…ペレット70粒。川エビ10匹。カツオのたたき切手大。
19(水)…ペレット90粒。川エビ10匹。(備考:フン◎)
20(木)…ペレット70粒。(備考:フン○)
21(金)…ペレット90粒。(備考:フン○)
22(土)…ペレット90粒。川エビ10匹。
     (備考:フン○。首の皮が薄くめくれる。)

23(日)…ペレット70粒。
24(月)…ペレット90粒。
     (備考:フン◎。ゾウシャワー2nd。2年ぶりの和解?)
25(火)…ペレット90粒。川エビ20匹。(備考:フン○)
26(水)…ペレット90粒。川エビ10匹。
     (備考:首の薄皮、下に新しい皮膚有り。)
27(木)…ペレット70粒。川エビ10匹。(備考:フン○)
28(金)…ペレット70粒。
29(土)…ペレット70粒。

30(日)…ペレット15粒。体重測定:1453g(8/1比+74g)
     (備考:脱皮中。)
31(月)…まさかの記録忘れ。

▼2015年産卵記録
5/28(木)…土場で10個産卵。
6/17(水)…土場で13個産卵。
7/9(木)…土場で12個産卵。
今年は多分ここで打ち止め。計3回、35個。
土場で掘らせてやれて良かった。
あまり掘りやすい地面じゃないのによく頑張ったなぁ。



秋の到来を嗅ぎつけた飼い主、今月も地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
愛溢れるカメブログの世界へ

▼お知らせ
9月はナゴレプ。今年もロープーと遊びに行く予定。
ロープーと云えば、当ブログのトップ写真も手掛けてくれたカメラマンさん。
そんな毎度お馴染みのロープーがブログを立ち上げた。
主婦ときどきカメラ
撮影はヒトが主とのことだが、
友人のよしみでこちらでもリンク&紹介させて頂く。
IMG_7204-.jpg
「私もお世話になりました♪」 ※1オクターブ高い声で
「『With そうちゃん』を見た」と云うと撮影料金がおトクになる
「そうちゃん割」は…してゐない。



▼おまけ:8月27日はKenji祭り
mamimi2015.jpg
「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」より。
ネネムの妹マミミ(部分)。

 うしろのまっ黒なびろうどの幕が両方にさっと開いて
顔の紺色な髪の火のようなきれいな女の子が
まっ白なひらひらしたきものに宝石を一杯につけて
まるで青や黄色のほのおのように踊って飛び出しました。

出典:「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」 by宮沢賢治

毎度の事ながらぶっ飛んだケンジーミヤザハの世界に挑戦。
心の中で幾度となく
「無難な美少女描いてお茶を濁す気じゃないだろうな」と
問いかける声がこだましてゐた。
まだまだ足りない「ばけもの」感。
ここは水木先生に是非描いていただきたい。

カテゴリ: 餌・体重記録(2015)

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。