09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

たまには真面目に 

▼ここ最近、ブログ更新をサボってばかりで実に申し訳ないので
今日はちょっと真面目な内容でお送りしたい。

▼先日、アクセス解析でこのブログへの検索キーワードを見てみたら
「ゼニガメ 性別」「カメ 性別 見分け方」等のキーワードが目立った。
「新美南吉 イケメン」があったのは内緒だ。

どうやら、カメの性別の見分け方が知りたくて
ここへ訪れる方が多い模様。
…の割にはロクな答えも書いてゐないのが実情。
韻を踏んだのは内緒だ。

なので、わたくしも素人ながら
少しでも参考になるようここに書いておこう。

ゼニガメの性別の見分け方は超困難だと。
まぁ、これはあくまで素人の話なので
ベテランの飼育者は見分けが付く可能性はある。


▼大体のショップで売ってゐる
「ゼニガメ」はクサガメの赤ちゃんである。
ゼニガメはチビチビで超可愛いが、
購入前に大人のクサガメも見ておくべきだと思ふ。

クサガメの場合、メスはオスより大きくなる。
オスは大人になると体が真っ黒に(黒化)なり、模様が消失する。
メスは一匹で飼ってゐても卵を産むので、
産卵期はそれなりのケアが必要になる。

もし、オスかメス、狙った性別があるのなら
それがはっきりわかるくらい育った個体を飼うのが一番だと思ふ。
勿論、そうなるとチビチビの可愛いゼニガメではないのだが。

尚、クサガメ(臭亀)と書くように
驚いた時や怯えた時に威嚇のために臭いにおいを出す。
けれどもとても慣れやすい性格のため、
大事に飼ってゐれば威嚇されることはほぼないと思ふ。
…しかしフンや飼育水は結構臭い。清潔は心がけてやりたい。

▼性別云々とは関係なくなるけれど、
カメの大きさを示すのに用いる「甲長」という言葉について少し。

2015083001.jpg
例えばこんなカメ

普通、「甲長」と云えば
2015083002.jpg
この長さ。
飼育書等にも「甲長20cm」とか書かれてゐるはずだ。

無論、これがサイズの参考にはなるのだが、
実際は甲羅に収納された頭や尾、手足があるので
2015083003.jpg
甲長でイメージした大きさよりも
結構ボリューミーであることを忘れないで頂きたい。

▼最後に、当ブログで記録中のクサガメはメス。
身体測定では暴れてうまく測れないので、
参考として体重は1400g前後、甲長は20cmくらい。
夏場は産卵もする。

150830_090252.jpg
※飼育設備清掃中につきテラスを散歩中。
映り込んでゐる飼い主の靴のサイズは24cm(汗)


本の中にはメスは頭が大きくなる(巨頭化)ものがゐると書かれてあるが
うちの場合は特に変化はない。
そしてこんな顔↓をしてゐる。
2015081404.jpg
「こんな顔ー」 ※1オクターブ高い声で

メスは体が大きく、産卵もするので手がかかる。
けれど甲羅の中に生命をたっぷり詰め込んだカメは逞しく、
可愛いところもたくさんあるので
大きくなったからと云って捨てないでほしい。

大きくなったからと云って捨てないでほしい。

大事なことだから、繰り返した。



カメは善意の塊だと思ふ飼い主、地味に参加中。
にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村
愛溢れるカメブログの世界へ

▼余談:
最近の若者はネット検索ばかり長けてゐて、
書籍等を自力で調べる力に欠けると聞くと正直どうかとも思ふが
こうして各カメブログを巡り、カメ飼育の実際を見ることができるのは
本当、いい時代になったと思ふ。
わたくしもカメと暮らす平凡人だが、少しでもお役に立てばとこの記事を書いた。

カテゴリ: カメ疑問

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。