05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

ザラザラ甲羅 

そうちゃんの甲羅は、茶褐色でごわごわしてゐる。

そもそも20年前、
「100円玉」サイズだったそうちゃんが
せっせと餌を食べて成長し、
3年程で「お弁当用ハンバーグ」サイズになり
「ハンバーグ」サイズ、「お徳用ハンバーグ(学生ハンバーグ)」サイズを経て
現在の「漬物石」サイズまで大きくなったんだから
当然甲羅も一緒に大きくなってきたわけだ。
(サイズ基準がハンバーグなのは、小学生当時のサイズ観の名残である。)

ちなみにカメの甲羅の成長プロセスは、
いわゆる「亀甲模様」それぞれのパーツの下から
一回り大きい新しい甲羅が押し上げてきて、
頂点にある古い甲羅がある日ペリンと取れて交換完了となる。

だからそうちゃんの甲羅には、
各種ハンバーグ時代を刻んだ年輪のような段々がある。

けれどもその「頂点ペリン」がうまくいかないのか、
頂点の甲羅がはがれる前にわきの方から
下に控える各年代の甲羅がベロベロはがれてきて
何だか甲羅がささくれ立ったようで汚く、
日光浴中なんかはカピカピに乾燥したところがまくれ上がってゐる。
おまけに剥がれたカピカピを食べようとする(涙)。

日々のお世話の際に、
甲羅についた藻なんかを取るために歯ブラシでこすると
カピカピの一部は一緒に取れるが、
躍起になって全部引き剥がすのは酷な気がするので
結局自然に任せて放置してゐる。が、外観的に汚い。

とは云え、
そうちゃんは至って元気なため、健康面では問題はなさそうなのだが、
ペット関連の写真を見るときれいな甲羅のカメさんたちが多く、うらやましい。
何であんなに滑らかなのか?
まさか紙やすりでこすってゐるわけでもないだろうし…。

飼い方が悪いのか?餌の栄養か?日照条件か?飼育水か?
毎年頭を抱えるテーマである。
130623_07.jpg
甲羅のアップ。刻まれた年輪。

甲羅美容を模索中…ま、まさか加齢!?


にほんブログ村

※補足メモ:
「頂点ペリン」はアカミミガメ。クサガメは「わきからベロベロ」で正解らしい。
とは云え、甲羅に年輪がなく、全体的につややかな個体がゐることも確かである。
これは個体差?産地?

カテゴリ: カメ疑問

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://withsohchan.blog.fc2.com/tb.php/5-28d6de2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。