09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

With そうちゃん

― クサガメ 《そうちゃん》 と綴る 日々のモノローグ ―

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

肉食女子・そうちゃん 

いつの頃か、どこかの本で
「カメは子供の頃は肉食性が強いが、
大人になると植物質の餌も食べるようになる」
という一文を読んだ記憶がある。

確かにそうちゃんは子ガメ時代から肉ものが大好きで
ミミズやメダカの生き餌をはじめ、
各種肉類、刺身を与えれば与えた分だけガツガツ食べた。
(食欲不振の時は心強い生き餌だが、
正直、メダカや金魚を食いむしるそうちゃんはちょっと怖かった。)

けれどもこれは幼年期だけだと思っていた飼い主は、
爬虫類の飼育本なんかに掲載されている
飼い主の手からバナナをもらうリクガメにあこがれ
「飼い主の差し出す小松菜を頬張るそうちゃん」を心に描き
いつか実現すると愚かしくも一途に信じていた。
(誰か、『あれはリクガメだよ』って教えて欲しかった。)

数年前…産卵事件の後
産卵=大人になった証=草食可能と考えた飼い主は
そうちゃんにバナナをやってみた。
流石に手からは怖いので、試食販売みたいに爪楊枝にさして与えた。
そうちゃんは基本、
鼻先でフラフラするものにはとりあえず食いつくので
バナナも一応はくわえたものの、
飲み込む様子もなくペッ!と吐き出し
以後、見向きもしなかった。

同じく小松菜を与えたら、
今度は前足でかき込めるだけかき込んで
しばらく口の中に入れた後、
いきなりまとめてボエッ!と吐き出し…以下同文。

結局吐き出すんなら何でかき込んだんだ、そうちゃん!
嗚呼、そうちゃん!
ちょっと期待したじゃないか!何だそのフェイントは!!
これが乙女心というやつですか!?
                 (飼い主心の叫び)


そのくせ肉ものは相変わらずのウェルカムっぷりで、
大ぶりの砂肝をもグイグイ飲み込む。
こっちが気にして「ちょっと大きいか?」とか言っていても
そうちゃんは「別に平気だし」と言いたげな顔で食らい付き、
やや難儀しながらも首やのどを動かしながら飲み下してしまう。
(逆に小さめに刻んで与えると『何これ食べにくいし!』とご立腹)

一体カメの食道はどうなっているのか?伸縮自在なのか?
そしてそうちゃんが草食になる日は来るのだろうか…?
(野性では水草も食べるって聞いたのだが)

本日のまとめ:
「いつだって肉食女子」 それがそうちゃんのスタンス。
(とは言え、一度不注意で餌を切らしてしまった時に
サツマイモの蒸したのを与えたら、不服そうにボソボソ食べていたことはある。
私が見たいのは、肉をもらった時の目の輝きで野菜を食べるそうちゃんなのだが…。)

そうちゃん本日のおやつ:
マグロの刺身(飼い主の晩ごはんのおかずの一部)


にほんブログ村

カテゴリ: カメ疑問

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://withsohchan.blog.fc2.com/tb.php/6-3e9a6750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブックマーク

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。